• 2018.11.08

パリマスターズ2018年 決勝 カレン・ハチャノフ対ノバク・ジョコビッチ

テニスパリマスターズの決勝戦で、復活したノバク・ジョコビッチ31歳と戦うのは、カレン・ハチャノフ22歳です。 パリのベルシーでの試合です。 ジョコビッチは、復活をとげてから安定した強さをまた見せてくれるようになりました。一時期は、なかなか成績が振るわなかったので、ジョコビッチ最強伝説は終わりを告げたのかと思いましたが、相手のすべてのボールを取ってしまうジョコビッチの強さが、また戻って来たのです。   何を打っても、返して、長いラリーに持っていかれてしまうジョコビッチの強さにカレン・ハチャノフがどう戦っていくのかが注目です。   試合結果 2セット連続先取で、カレン・ハチャノフが優勝しました。 第1セット 7-5 ハチャノフ 第2セット 6-4 ハチャノフ 試合内容   どちらも、サービスエースからポイントを取るのですが、ハチャノフは、ジョコビッチとの戦いで緊張しているようで、何とか追いついているというプレイです。ですが、ボールのスピードやパワーは、ハチャノフは強烈で、試合に慣れてくると分からない試合になるでしょう。   ハチャノフは、ジョコビッチを後ろに前にと上手く動かすのですが、普通では取れるはずもないボールまでジョコビッチは取り切ってしまうので、ラリーでは、ジョコビッチ有利です。 ハチャノフは、気を高ぶらせ、それとは正反対に、ジョコビッチは平然とした雰囲気で試合を運びます。   最初にブレイクを取ったのはジョコビッチです。ハチャノフも、落ち着いたプレイなどをみせるのですが、それでもブレイクを取られてしまいました。   198cmというハチャノフの長身から打ち出されるサーブは強烈ですが、それだけではなくジョコビッチの意表を突くプレイにも対応できるのは、さすが決勝戦まであがってきた強敵です。ブレイクをすぐに取り返しました。   ジョコビッチからするとハチャノフの動きが読み切れない相手なのか、いつもの調子でボールを取り切れなくなりはじめました。ですが、ハチャノフのミスが目立ち、何とかサービスをキープ出来ている状態で、互角の戦いを続けています。   ハチャノフはミスも目立ちますが、いいプレイをしているのは、ハチャノフで、ジョコビッチはいつものキレがまだ炸裂していません。 2つ目のブレイクを取ったのは、なんとハチャノフでした。 そして、そのまま1セット目を取り切りました。 第1セット 7-5 ハチャノフ     第2セットでも、ハチャノフのプレイはよくなる一方です。 最初にブレイクを第4ゲームで取ったのは、ハチャノフです。   第2セットからは、ジョコビッチも少しずつ調子を取り戻しはじめますが、前日の疲れがあるのか、バテテしまっています。   6-4で連続セットをハチャノフが取りました。   ジョコビッチも万全ではなかったようですが、ハチャノフのプレイは素晴らしくいいプレイをみせてくれました。22歳の新しい世代として台頭していってほしいですね。  

  • 2018.11.01

ハロウィン 犯罪多発

悪魔を祝う祭り、ハロウィンで今年も犯罪が多発しました。 ハロウィンの1週間前には、軽トラが横転されてしまうような暴徒化してしまい、若者たちが暴れました。 お酒を飲んで、痴漢などが多発し、逮捕者も13人も出ました。   13人出たということは、どれだけの犯罪者がいるのかということです。 窃盗もいくつも出てきました。   さすがは、悪魔の祭りです。   悪魔を追い払うといいながら、自分たちが悪魔の恰好をしているのですから、意味不明です。 日本には、このような祭りは合いません。やめてほしいものですが、一度はじめてしまうと東京では、広がってしまいストレス発散として、参加者が増えてしまうのですね。   経済効果もあると言われていますが、どうなのでしょうか。   東京以外の場所では、ハロウィンはまったく行われていません。そのおかげで、拉致などの被害も他国と違ってないのでいいですが、このハロウィンが日本中に広がってしまえば、さらに犯罪が多発してしまうでしょう。   ただ楽しんでいるだけと考えているかもしれませんが、何度もいいますが、これは悪魔の祭りです。反キリスト教のものとして、昔から存在しているものですから、危険なのを理解してほしいものですね。

  • 2018.11.01

北朝鮮の漁船が日本に侵入

北朝鮮の漁船が、日本の排他的経済水域をぬけて、沢山の漁船が、入り込んでしまっています。今年は例年よりもその数が多いということで、その漁船の何艘かは、壊れて、日本に流れてきてしまっています。 特に漁船は、イカを狙って来ているようで、今年はイカ不足なのに、またイカを朝鮮の漁船がとってしまうので、日本の漁師さんたちも困っているということです。 右側が、日本で、左側が、日本以外の海域になります。右側の黄色が日本の漁船で、左側が朝鮮などの漁船になります。 その数は、圧倒的に朝鮮側が多く、海がみえないほどになってしまっているので、漁船が少ない日本側で、争わずに漁ができると入り込んでしまうのかもしれません。 日本の海上保安庁は、水攻めなどをして、日本側に北朝鮮の船が入らないようにしていますが、あれだけの数がいれば、それもできないでしょう。   また、本当に北朝鮮なのかも分かりません。船には北朝鮮の国旗がわざとらしく貼られているので、もしかしたら、中国船ということも考えられます。   北朝鮮や韓国船だとしても、数が多すぎます。   それぞれの国の事情があるので、何とも言えませんが、国の領域には入らないようにしてほしいものですね。 北朝鮮も食料不足ということがあるかもしれませんので、気の毒にも思えなくもありません。レーダーなどにうつっているように、排他的経済水域をほとんどの船は超えないように漁をしています。多くはルールを守っているようですが、どうしても入ろうとする船も出てしまうのですね。

  • 2018.11.01

なぜベネチアは浸水してしまうのか

イタリアのベネチアが今年も浸水してしまいました。 世界一美しい広場といわれているサンマルコ広場は、このようにひざ下まで水がつかってしまっているのです。 ベネチア市内の75%もの場所が浸水してしまうほど、ベネチアの街は水だらけです。原因は、満潮や気圧などがあげられていますが、なぜベネチアはこんな状態に毎年なってしまっているのでしょうか。 もともとベネチアは、人工の島なのです。イタリアの海に囲まれた国のさらに海に存在しているベネチアですが、水の浸水が高くなるとこのように浸水してしまうのですね。 地盤が固くないことで、ベネチアの土地には、木の杭をうって土地を固定しているのですが、それでも柔らかいのは変わらないので、25cmも100年間で下がっているとさえ言われています。 この浸水と土地の沈下を防ぐために、「モーセプロジェクト」という企画が昔から存在しています。 海に巨大な堤防を築いて、水位をあげないようにという計画ですが、7300億円もかかりながら、その効果は疑問視されています。 予算オーバーや市民たちの汚職が計画を遅らせているといいますが、逆にこんなことをすると、生態系を変えてしまうのではないでしょうか。違う問題になりそうです。   海全体を塞ぐことなどできないのですから、水位もかわらないと思うのですが、どうなのでしょう  

  • 2018.10.30

スマホが遠隔操作される詐欺 佐川急便の偽サイト

スマホがいつの間にか遠隔操作されてしまうという詐偽が広がっています。 佐川急便の偽サイトなどで情報を流したことで、それが使われて、スマホを乗っ取られ、遠隔操作されて、またそのスマホから別の人にメールを流してと広がっていったといいます。   佐川急便のサイトをマネした詐欺が広がってしまいました。佐川急便からするとひどい被害でしょう。悪いことをしていないのに、佐川の名前を使って、詐欺師たちが偽のサイトを作り、佐川のお客さんなどの情報を抜き取ってしまうのです。 何度も言いますが、佐川急便が悪いのではなく、佐川急便を利用した詐欺師が悪いのです。もちろん、織田裕二も悪くありません。被害者のひとりです。 偽のサイトと本物のサイトを見比べても、ほとんど解らないほどの作り方です。織田裕二も勝手に詐欺に利用されて迷惑このうえないことでしょうね・・・。 このようなサイトに情報をいれたり、ダウンロードしてしまうと、そのスマホに入れていた写真やあらゆる情報をぬきとられて、悪用されてしまうのです。頼んでもいないピザが10枚も送られてきたといういたずらのような被害もあったといいます。恐ろしいことですね。 それだけではなく、普段から利用している画面のアプリが、いつの間にか、詐欺師たちの新しいアプリにすり替えられてしまうというケースがあるといいます。   偽物の佐川急便のサイトのダウンロードをしてしまい、スマホを遠隔操作で操作されて、普段使っている銀行のアプリを詐欺師のアプリに変えられてしまい、いつものように、その銀行のアプリに暗証番号などを打ち込んでしまえば、銀行の内容を利用され、お金を盗まれるというわけです。   スマホはパソコンと同じですから、プログラミング次第では、どのようにでも悪用できてしまうので、パソコンと同じように、スマホなどでお金のやり取りをやるのは危険かもしれませんね。   このように汚染されたスマホをチェックするアプリもあるといいますが、それも有料になるわけですから、問題です。 ウィルスを撒いているのは、ウィルス防止会社だという噂もありますが、わざと病気をはやらせて、薬でもお金を奪うという詐偽になるかもしれません。

  • 2018.10.30

なぜ、ゴミ袋の値段は高くなったのか

ゴミ袋が3倍もの値段に高くなりました。10枚で160円だったものが、500円になってしまうという高さです。40ℓが45ℓになっているという配慮があるようですが、5ℓ増えたからといって3倍になるなどと一般企業がするとは思えませんが、国や市はするのですね。   なぜこのようなゴミ袋の急激な値上がりになってしまったのでしょうか。 市の言い分としては、ゴミの量を減らそうという意味らしいですが、それにしても3倍は高すぎます。 ゴミ袋の値段があがると、実際、7%や20%などのゴミの減少があるといいます。大量のゴミを測っているのか?と疑問になりますが、ゴミ袋が高くなれば、確かに消費は下がるかもしれませんね。経済は悪くはなりますが、環境は多少はよくなると言えるのかもしれません。 北海道では、1枚200円というところもあるそうです・・・。それは高すぎだと思えますが、北海道なので、距離がありすぎて、高くせざる負えないということです。 千葉県では、逆にゴミ袋を無料で120枚無料で配布したといいます。そのかわり、ゴミ袋の値段をかなり高くすると、30%ものゴミの量を減らせたといいます。これをするのなら、市民も納得ですね。年間120枚のゴミ袋の消費にしてくださいね。その分は、無料で渡しますからというのなら、気分よく協力もできます。それにゴミ袋の値段が高くなっても、120枚でおさまらなかったのは、自己責任という気持ちにもさせられるので、これなら納得できます。   ゴミの量を減らすために、ゴミ袋に名前を書くということをしていた時期もありましたが、それも個人情報を盗む人がいるとして、問題になりました。今ではあまり名前を書くところはないのではないでしょうか。  

  • 2018.10.30

ゴミ袋が高い

ゴミ袋が高くなる場所が多いです。   岐阜県の土岐市では、大サイズ20枚入りが、259円だったものが、900円と3倍にもなってしまっているのです。 高くなるにしても、高くなりすぎですね。 北海道には、1枚200円というさらに高いところもあるといいます。   このようにゴミ袋でさえも高くなれば、ゴミを捨てることも出来なくなります。 焼却炉側からすれば、ゴミの量を少なくできればいいと思うかもしれませんが、ゴミを減らす=物を買わないということになるので、経済にも影響してくるのではないでしょうか。 ゴミが減ることは環境的には良い事ですが、家にため込むというものも増えてきそうです。 ゴミ屋敷というものがあるだけに、そういうものが増えたら嫌ですね。 このゴミ袋の高さは、利益になるためのもののように思えるのはわたしだけでしょうか。

  • 2018.10.25

ドラフト会議 根尾昂を会得したのは、何球団か

日本の野球ドラフト会議が行われました。 注目されていた3人のうちひとり、根尾昂(ねおあきら)選手が、4球団から指名されて争われました。 根尾昂選手は、18歳で、右投げ、左打席の二刀流の持ち主です。   投げてよし、打ってよしの選手で、甲子園春夏の連覇を仲間とともに果たしました。 その根尾昂選手は中日に選ばれました。 高校は大阪ですが、地元は岐阜で、小学生の頃は、中日系の野球クラブに入っていたということですが、今回は、地元ともいえる、中日に入ることができたためか、顔が若干喜んでいました。 ドラフトで根尾昂選手を獲とくできたのは、中日でした。   世界NO1の呼び声が高い根尾昂選手を手に入れて、中日もまた安定した強さを発揮していってくれるのでしょうか。 巨人の原監督も指名していましたが、今回は、中日に取られてしまいましたね。   あらたな日本のスターになってほしいですね。   注目を浴びすぎてそれがプレッシャーにならないようにしてほしいです。   最後に気になったのは、監督たちが、ボックスから取った指名紙をすぐに隣の女性が受け取って、違う紙を渡していましたが、あれは何なのでしょうか。 もしかして、選んでいるのは監督ではなく、あの女性たちで、はじめからどこに行くのか決まっているというオチもありそうですね。

  • 2018.10.23

巨峰とシャインマスカット

葡萄といえば、巨峰ですが、この巨峰がピンチになっているということです。 巨峰の里もある山梨県は、出荷量日本一ですが、その山梨でも巨峰の売れ行きがあまりよくないといいます。 その原因の1つは、違う葡萄の存在です。それはシャインマスカットです。   シャインマスカットは、色が黄緑色の甘い葡萄です。 巨峰もおいしいですが、巨峰は酸味が強いところがあります。それに比べて、シャインマスカットは、甘くて食べやすく、皮がついたまま食べられるので人気が高く、お店でも、このシャインマスカットを置くところが多くなってきているといいます。 シャインマスカットは、種もないので、もぎとればそのまま食べられるので、手も汚れずらく食べやすいところがいいのかもしれませんね。 そのうえ、日持ちするというので、お店もシャインマスカットを選ぶといいます。   葡萄といえば巨峰のイメージが強いですが、シャインマスカットを選びはじめるお客も増えてきているようです。 葡萄園では、巨峰もやりながら、シャインマスカットを育てているところもあり、シャインマスカットに変えた農家は、売れ行きがよくなったということです。 ですが、巨峰もなくなってしまえば、比べるものも無くなってシャインマスカットの良さも分からなくなってしまうわけですから、どちらも、同じような生産性が高くなるといいですね。  

  • 2018.10.23

アメリカ 高速道路に飛行機が着陸

アメリカの高速道路に突然、小型飛行機が空から現れました。   車の距離は、日本と変わらないほどしかないのに、その間をぬって飛行機が着陸したのです。 この小型飛行機は、訓練用の飛行機で見習い飛行士を乗せていたのですが、飛行機の調子が悪くなり、緊急着陸しなければいけなくなったといいます。そして、一番緊急着陸できる場所といえば、高速道路しかなかったので、ここを選んだということですが、これほど狭い場所に着陸させるのは、さすが教官だといえますね。   ただ、飛行機が飛んでいる間に不具合が出てしまう恐怖を考えると生きた心地はしなかったことでしょう。 高速道路を走っていた車の運転手も突然空から飛行機が降りてきたら驚きを隠せなかったことでしょう。 このタイミングでしっかり映像に残しているのがまたすごい偶然ですね。 このことはアメリカでもニュースになって騒がれているということですが、さすがはアメリカです。 日本と違ってアメリカ大陸は拾いので、個人で飛行機を持っているような人も多いといいます。   近未来では、空を飛ぶことも多くなり、このような光景は当たり前になってくるのでしょうか。

1 20

Ranking

カテゴリ新着記事