Nスタで紹介された 大人気の中華料理カレー「辰すし」

Nスタで紹介された 大人気の中華料理カレー「辰すし」

今、横浜中華街では、カレーが人々の注目を集め始めています。

カレーといえば、単純な味付けと材料によって、シンプルでコクのある味が楽しめるということで、日本人が好きな食べものですが、それが、複雑な食材を大量に使う中華で、再現されることで、不思議な味をあじわえるカレーとなって驚かれているのです。

横浜中華街では、1026円で、びっくりカツカレーというメニューも用意されています。一日20食までの限定料理です。

その味付けは普通のカレーではないコクと複雑な味で、ピリっとした舌の不思議さが広がるといってレポーターも驚いていました。

ですが、そんな中華街でも、さらに注目されているお店があるというのです。

それは、「カレー+中華+日本食」という3種あわさった料理ということで、一見聞くとおいしいのか?と思われますが、実際に、食べてみると虜になってしまうというのです。

それが、「辰すし」の「シャリランカカレー」です。

 

元町・中華街の北側で、そのさらに上に、山下公園との間にある和食店、「辰すし」です。

ここでは、中華に負けない日本のこまやかな味付けと手料理によって、実現させた驚きのカレーが生まれたのです。

それが、「シャリランカカレー」です。

シャリランカカレーは、中華のあんを利用したカレーで、カレーの辛さがありながらも、あんのとろける舌ざわりに盛られたおいしすぎる味が、人を虜にしているのです。

近場の人々だけが来ているのではなく、北は北海道、南は、九州まで、きたというお客さんもいるほどで、その味を楽しみにして、来店したというほどでした。

見た目は、とても美しく、すし店ということで値段も高いイメージもありますが、950円という安さです。

日本の繊細な味付けを中華とカレーというコラボにして、実現した料理は、驚きの味を再現してしまったのですね。

もちろん、その他の料理、すしがメインで、それらもおいしく、日本の本格的な料理が中華やカレーに手を出しても、本格的になるということの証明を果たしたということですね。

この中華街でカレーまわりをしても楽しいかもしれません。

 

「辰すし」

場所:横浜市中区山下町189-9 辰すしビル4F

TEl:045-651-2992

営業時間;17時~2時

定休日:水曜日

生活・イベントカテゴリの最新記事