外国人アルバイトが急増中 なぜ外国人アルバイトが増えているのか

外国人アルバイトが急増中 なぜ外国人アルバイトが増えているのか

今、日本では、外国人アルバイトが急増しているということです。

なぜ、外国人のアルバイトが増えているのでしょうか。

外国人留学生を中心にして、4万4000人もの外国人アルバイトがいるということで、外国人労働者は、増え続けているのです。

コンビニ店員も、外国人が多くなり、アジア人だけではなく、広がっています。

それもこれも、日本人は、アルバイトをする人が少ないということで、外国人に頼るしかない現状がそうさせているというのでせう。

ですから、外国人に大規模な求人募集をして確保を促している大手コンビニもあるのですね。

また、外国人のアルバイトが増えてきているのは、沖縄です。

沖縄の外国人は、ネパール人が1位で、2位はフィリピン人 そして、3位が中国人となっています。

外国人からすると、給料と待遇のいい日経企業で働ける経歴が持てるということで、こぞって働き口を探しているといいます。

また、ネパール人が沖縄では多い理由としては、ネパールでは海がなく、海をみたことがないネパール人にとっては、海が憧れであり、日本にも興味を持っていることから、沖縄を選んでいるのではないのかと思われるといいます。

いわゆるジャパンドリームを目指しながら、海まで楽しめる沖縄はとても魅力的にみえるわけです。

日本のアルバイト給料は、日本人からすると少ないと考えますが、そのお金は、海外では、何倍にもなる資産です。ですから、仕送りで自国の家族にお金まで送れるということで、外国人からすると利益になるわけですね。

日本企業では、このような外国人労働者の促進させるために、「カタコトバイト」というサイトをたちあげているといいます。

まだ、日本語をうまく話せない人でも、仕事ができる、労働力を求めているところに人をあっせんする求人サイトです。

その求人サイトでは、文章が理解できない人が多いことから、すべてひらがなで記載されていたりと、気配りもされているといいます。

少子高齢化によって日本人の労働力が低下している近年、外国人の労働が日本を支えはじめている現状があるのですね。

 

ですが、こういった現状や行動には、問題はないのでしょうか。

問題点としては、外国人にとって不利益なのは、日本人ではないので、日本企業側が簡単に解雇などをして、外国人失業者が増えてしまうということです。求人があるからいいと考え、外国人労働者が増えていってしまうと、日本企業としては、それをいいことに、安い賃金で、雇いはじめ、日本人を雇わず、使いやすい外国人を雇用しはじめ、利益を獲ようとしてしまうわけです。

日本人は、簡単な仕事などは、もう必要なくなりつつあります。単純作業では、外国人労働者だけではなく、ロボットなどが活躍を始めているからです。ですから、日本人は、給料を高く払わねばならない企業側からすれば、デメリットも多いと考えてしまうのですね。

また、外国人が日本で増え始めることは、モラルの低下も呼び込んでしまいます。

日本人は、道徳観念が世界的にも高い民族ですから、わびさびなどの空気を読みますが、外国人は違います。個性を大切にするため、それが反転して、犯罪に手を染める人もいるわけです。

外国人が日本で増え続ければ、犯罪も増えてしまうというのは、ドイツでも起こった出来事ですから、日本も他人事ではないのですね。

もちろん、多くの外国人はモラルのある人であって、価値観は日本人とは違っても、犯罪に手を出すひとは稀ですから、偏見でみないようにはしましょう。

 

生活・イベントカテゴリの最新記事