「Nスタ」スズメバチの生態 被害が出る前に知っておきたい情報

「Nスタ」スズメバチの生態 被害が出る前に知っておきたい情報

季節は温かい時期を迎え、自然界は、目を覚ますように、動き始めています。植物だけではなく、動物や虫なども精力的に行動し始める中、毎年、スズメバチの脅威が取り上げられています。

そこでスズメバチの生態のことを知ってみましょう。

4月~5月にかけて、女王バチが目を覚めて、体力回復したあと、巣作りをはじめます。その時に、駆除がしやすいのです。女王バチは、あまり攻撃的ではないからです。

ですから、すずめばちを見かけたら、今が駆除するのに手間を与えないのですね。

スズメバチの巣は、色々な種類があり、マナの壺を逆さにしたような形、前方後円墳のような形のものや一般的なとっくり型のものがあり、最大で70cmもあります。この大きさになるとすでに凶暴化していて、危険なので、近づくことはよくありあせん。産卵もピークになり、スズメバチが大量に待機している状態です。

女王バチは、一匹で最初は巣を作り出し、1年をかけて動きます。働きバチの寿命は1か月で、6月には、多くの働きバチが育っているのです。

スズメバチの巣は、木の繊維などをハチたちが集めて、それを縫い合わせることで、つくられています。シマ模様などは、あらゆる木の色彩が、重なってなっているのですね。

ハチは、噛み砕いた木と樹液を織り交ぜて、壁を作っていきます。

そして、その壁を何層にも重ねて、内部の温度を快適に保ち、卵を増やしていきます。

卵が多くなれば、壁を削っては、内部のスペースを確保して、作り直していくのです。育房は、触覚、触る感覚で作り上げていると思われます。

蜂の巣は、雨風が防ぎやすい場所に作られることが多いです。天井裏などです。

木の洞や茂みの中などにも、巣をつくるということです。以前に一度巣をつくられた場所は、またハチが巣をつくりに来やすいというので、注意が必要ですね。

スズメバチの被害にあわないように、どのようなところにハチの巣があるのかを知って、それをみかけたら、近づかないようにしたいですね。

ハチは、黒い色に反応したり、攻撃してくるものを攻撃しようとするので、手を出したり、無暗に恐れて逃げ回ったりしないようにしましょう。それがハチからは攻撃と勘違いされるからですね。

女王バチは1年という長さで活動しますが、その後は、スズメバチの中から女王バチがまた生まれ、毎年のように、素が造られつづけるのですね。

すべてのハチを駆除してはいけないのは、生態系を崩してしまうからです。

ハチは、花などの植物からミツを集めるかわりに、体に植物の種をつけては、自然界に種をまいてあげているからです。

花は動けないので、雌蕊と雄蕊を繋げるのは、こういった虫たちの活躍があるのですね。

自然現象・災害カテゴリの最新記事