日本代表サッカー試合内容 日本代表対ガーナ代表 キリンチャレンジカップ 2018年5月30日

日本代表サッカー試合内容 日本代表対ガーナ代表 キリンチャレンジカップ 2018年5月30日

ハリルホジッチ監督解任が、4月7日でした。それから新しい西野監督が就任し、新しいメンバーが選出され、チームが再編されてはじめての日本代表の試合です。

相手は、ガーナ代表です。前半からペナルティキックを与えてしまい先制失点を許してしまい0-1でガーナが先取しました。後半開始3分で、またPKを与えてしまい2点失点で、0-2。

そのまま残念ながら、0-2で日本代表が負けてしまいました。

ですが、横浜・日産スタジアムで行われる試合で、チームの内容をみせることができるのでしょうか。

新しいチームを作るという、ほとんど0からという出発ですが、サポーターたちの熱い目線が光ります。

スタメンは、これらのひとたちです。

本田圭祐も入っていますが、長友が高い位置にいるということが注目になりまそうですね。

体力のある長友が活躍できるのでしょうか。あとは、吉田も、復活し守りも硬くなり、川島も代表として先発で選ばれています。海外でのチームでやっていながら、激しい競争に苦しんでいる川島も守り切れるでしょうか。

 

スリーバックの横のスペースからガーナ代表がいきなり攻撃を繰り出しました。試合開始1分。

ですが、日本代表は、ハリルホジッチ監督の時とは別人のように、かなりパスワークよく、ボールをまわしていました。

今までにないほどの早いカウンターからの攻めが、長友を使って大迫がゴールに迫りました。

 

選手たちは、わざと試合で負けていたのかと思わせるほど、チームワークがいいです。

今までのハリルジャパンは何だったのでしょうか。

 

試合開始8分でゴール前でペナルティを与えてしまい、ガーナ代表が、フリーキックで1点を決められてしまいました。

アトリティコマドリード所属しているパーテイ選手にゴールを許しました。

ですが、日本代表が攻撃的だからこその失点です。

攻撃的な行動をすれば、カウンターを受けるのは当たり前ですし、守りも必死になるので、ペナルティも受けやすくなります。

攻撃すれば守りが薄くなるのはしょうがないからです。

内容は、決して負けていません。

 

ガーナも攻撃的で、日本が攻撃を激しくしている時でも、3人もオフェンスポジションにいます。

日本のディフェンスも3人だったので、3対3になっている状態です。

 

16分には、宇佐美のミドリシュートを出して、ガーナの守備を上げさせていきます。

 

日本代表は、前から守備を繰り出し、何度も高い場所でボールを奪いとっているので、チャンスは多くなっています。

それでもガーナも攻撃的サッカーを続けています。

西野監督は、J1リーグでもチームを優勝させ、天皇杯・ACLでも優勝させている実績を持っています。

 

日本はパスをよくまわしていますが、やはり、バルサやレアル、バイエルンなどと考えるとスピードがないパス回しで、ガーナ選手にも、読まれて取られていました。

丁寧なパスではありますが、まだそこが限界というところでしょう。

ガーナ選手にゴール前を固められるとパスを回しているだけで終わっている状態です。

ですから、硬められる前に、カウンター気味で、パスをまわしながら、攻めなければいけないでしょう。

 

日本もガーナからペナルティをもらい、本田の得意な位置からのペナルティキックを繰り出しましたが、入りませんでした。

本田のパスはスピードとキレがありますが、その他の選手は、試しながらということもあり、スピードがないのが問題でしょう。

 

ハリルホジッチ監督の時よりは、いい動きが多かったですが、ガーナも強く接戦で、前半は終わりました。

 

後半戦は、逆転できるでしょうか。

 

後半戦は、大迫、宇佐美を下げて、香川と武藤が試合にはいり、ふたりを起点に、攻撃が後半はじまりから、繰り広げられました。

ですが、後半戦3分をまわると、ガーナがまたカウンターから、日本のゴールに迫り、川島が先取と接触し、またペナルティを取られました。PKになり、また1点をあげられ、ガーナが2点で、日本は0点のままです。

試合内容は悪くはないのですが、反則が多くなっているのは残念です。

日本の悪いのは、ハリルホジッチ監督前からもそうですが、ボールをもらう側の選手の動きがないので、パスを出しようがないということです。ゴール前を固められると、まわりでパスを回すだけになって、終わってしまうのです。

バルセのように、あらゆるアイディアで中にいる選手なども動く必要があるでしょう。

無敵のバルセの連勝を止めたボアティング選手は、バルセ相手にハットトリックを取った相手ですから、日本もやられてしまっています。

後半14分、本田が下げられ、岡崎が入りました。

後半16分で、早くも岡崎が斜めに入り込んで、チャンスを生み出しますが、ガーナゴールを割ることはできていません。

 

パスワークは、間違いなく増えたのですが、パスを受けたら一瞬止まる、パスを受けたらまた一瞬止まると、ガーナ選手に近づかれて、取られそうになっているので、はやり新しいチームになって選手同士の動きがわかっていないところが痛いところです。

 

やはり本田圭佑がいなくなるとスムーズなボールまわしやリズムがなくなり、はじめこそ後半動きはありましたが、全体的に攻撃の糸口が見いだせない日本代表です。

変わらず活躍しているのは、長友です。

サイドからチームに貢献し続けています。

 

後半29分、井手口がはいりました。

井手口は長谷部と交代で、同じボランチの選手です。後ろから人数をかけて、前に飛び出していこうという考えもあると思われます。

もちろん、選手を試さなければ、監督としても選べないというところが一番大きいでしょう。

今回の試合だけで、ワールドカップの選手を決定しなければいけないからです。

明日、正式な選手枠が発表されます。

 

本田がベンチにはいり、中央の動きが鈍くなっていますが、柴埼がかわりにリズムを造り出しています。

井手口が、ガーナゴール前で、チャンスがありましたが、打ちきれません。

 

後半36分、パスミスから相手にボールを取られる場面もあり、焦りが表面化しているようです。

1点ぐらいは、返したいところですが、難しいのでしょうか。

遠くからわけもなく、ロングシュートを出す選手も出てきました。

 

ですが、岡崎のラインを抜ける飛び出しは、やはりまだ光っています。

そういった動きをみせる選手がいれば、中盤の選手が、縦パスを繰り出しやすくなります。

柴崎は、積極的にボールを取りに行き、味方をサポートしています。

 

後半46分、スムーズではやいパスワークが日本代表にうまれ、途中、香川のスルーによって、武藤によるシュートが繰り出されましたが、ガーナ選手の足にボールがはじかれてしまいました。

ロスタイムは4分ですが、残念ながら、日本の得点にはつながらず、結果を出すことができませんでした。

西野監督によるはじめての日本代表でしたが、0-2という辛い結果におわりましたが、選手たちの動きは思ったよりも悪くありませんでした。何度かあと少しというところまではいきましたが、ガーナに負けてしまいました。

西野監督は、「結果が出ていないことがすべてだ」と語りました。

苦い顔をしながら、残念そうな雰囲気でした。

「試合から遠ざかっていた選手もいましたし、選手たちの今の状態をみれたことは選手を決定するのに役立つ」とも発言されました。

ワールドカップまでには、さらなる形にして、臨んでいけるように、期待するばかりです。

サッカーカテゴリの最新記事