日本一売れているお菓子の工場 そのお菓子とは

日本一売れているお菓子の工場 そのお菓子とは

1つの種類のお菓子で200億円の売り上げを上げている工場があります。

日本一売れているお菓子といえば、何なのでしょうか。

ポテトチップ

チョコレート

などではありません。

日本一売れているお菓子は、一分間に8万枚に生地が切られていき、それらは高い熱にあぶられて、造られていきます。生地は小さく切られて、その1つ1つが、熱によって平たかったものが、さらに小さくなっていきます。

そして、焼かれた生地にしょうゆ・砂糖・秘伝のタレで味付けして、それらを冷ますと、あとは、割合を丁度良くしていくだけです。

その日本一売れているお菓子は、6対4の割合で、分けられていき、袋の中にいれられていきます。

数の割合ではなく、質量の割合で6対4です。

日本一の売れているお菓子というのは

「亀田の柿の種」でした。

この割合が一番商品が売れる対比ということです。これ以上、柿の種の量を増やしたり減らしたりすると、売り上げが下がったというので、不思議です。

梅しその柿の種も食べたことありましたが、わたしは意外と食べれました。わさびもおいしいですね。わさび味は、鼻がつ~んとなるほどの味付けですが、とてもおいしかったです。でも、一番はオリジナルの柿の種で、お酒などのつまみにも使えますね。

経済カテゴリの最新記事