冬の女王 広瀬香美が事務所とトラブル 芸名が使えなくなるのか

冬の女王 広瀬香美が事務所とトラブル 芸名が使えなくなるのか

冬の女王こと、広瀬香美の芸名を使うことを事務所が決定を下しました。それはなぜかというと、広瀬香美の芸名を考えたのは、事務所の社長であり、本名 石井麻美から文字って作られたと言います。

ですから、事務所の言い分としては、その名前は使わせないということです。

突然、事務所がこのような意見を勝手に言い出したのではなく、突然行動にでたのは、広瀬香美さんからでした。

広瀬香美さんは、突然ツイッターで、広瀬香美は、新たな事務所に移りましたと発表し、新しい事務所のHPも公開、2018年5月21日付で、契約を終了したことを発表したのです。

 

事務所側としては、一方的な宣言に戸惑い、社長が命名した芸名を使わないようにと要求しているのですね。

ですが、広瀬香美さんは、ツイッターでは、「広瀬香美としての活動は今まで通り続けていきますので心配しないでください」と貫いています。

 

これは、どちらが悪いのでしょうか。

事務所側は、突然事務所に移ったと主張していますが、そんなことがあるのでしょうか。

まったく何の問題もなく、事務所を変えるわけありません。前々からなんらかの問題が上がっていたからこそ、事務所を変えていくのであって、何の前触れもなく、家を変えるわけがありません。

芸能界は裏社会だとよくいわれ、ものすごい人数の著名人たちが、変死になっていることからも、闇は深いものです。

今回のことは、それほどの闇ではないとは思いますが、芸能界の非常識な面を広瀬香美側にこうむってきた可能性があるのではないでしょうか。

名前を使うなといっても、広瀬香美という芸名が通っている以上、人間の思い出を書き換えれるわけもなく、親が子の名前を変えれないように、事務所も、人生で使ってきた芸名を変えろという主張は、おかしなものです。

非生産的ですね。

これからも、広瀬香美の芸名で頑張っていってほしいものです。

 

芸能カテゴリの最新記事