野生のパンダが、中国の村に来た

野生のパンダが、中国の村に来た

中国の村に、パンダがやってきました。

パンダは、絶滅危惧種として指定されているので、パンダは保護される対象です。ですから中国ではパンダには優しいのです。

このパンダは野生から人間の住む村に来たかのように思えますが、よくみると首に首輪がされているのです。

このパンダも保護対象として、保護されていたのですね。

ですから、人間にも愛着を持っているパンダかもしれません。

 

村では、パンダがやってきたといって、楽しんでいるようですが、パンダは、クマと同じで以外と狂暴です。

その力は、クマにも負けません。その力で叩かれたら、大けがをしてしまうかもしれません。

パンダは、イメージ的にかわいいですが、本来は注意しなければいけない動物なのですね。

ですが、このパンダは、のんきに後ろ足で、頭を書いて、村に入り込み、家でくつろいでいたといいます。

人間に慣れすぎているのでしょうね。

 

カナダでも、よく食べ物を求めて、クマの家族が迷い込んできますが、こういったものが、中国ではパンダなのですね。

クマはかなり動きが早く、自転車で全速力ではしっても、追いついてくるほどだといいますから、怖がられているのですが、このパンダには、愛嬌があるとして、人々に笑顔を与えていました。

自然現象・災害カテゴリの最新記事