120年に一度の現象 竹の花が開花

120年に一度の現象 竹の花が開花

120年に1度の現象といわれる花が開花しました。

竹の花です。

竹の花は、みつけたり、発見することがむずかしく、花だと気づけないことからも、竹の花は、120年といわれているということです。

雄蕊と雌蕊の差が解らず、どちらがどちらなのかが、一般人では解りずらいのです。

竹といえば、竹取物語や七夕のような不思議な話です。

それらもこの竹の花の性質、120年に1度といったものからも来ているのかもしれませんね。

七夕は、イスラエル人のヨセフとエジプト人の娘との間のロミオとジュリエットのような関係から来ているといわれていますが、橋渡しのように使われる竹は、想いをとげることができない男女の恋と神秘的な竹の花の性質は、お互いに刺激を与える関係なのでしょうか。

この竹の花は、幻だとして、多くの人々がネットで話題になっているのです。

竹の花をみてみたいという発言が多くあり、夢追い人のような望みを現代人でも、まだ持っていると思うと、嬉しくも感じますね。

ですが、この竹の花は、すぐに枯れてしまうということで、生でみることは難しいということです。

まさに、幻の花ですね。

生活・イベントカテゴリの最新記事