東京おもちゃショー開幕

東京おもちゃショー開幕

東京で、東京おもちゃショーが開幕しました。

おもちゃで有名なトミカでも、最新のトミカカーを上から押すことで、本物の車のエンジン音が流れるような仕組みになっているといいます。車にあこがれる男の子たちを音でも喜ばせ、想像力をあげていきます。

おもちゃショーでは、野球盤の最新のものも展示されました。左右に打ち分けたり、細かい操作もできるようになり、後ろの表示では、その時の投球速度のメーターまでも表示できるとして驚かされます。

また、紙相撲ならず、声相撲です。

人が声で「トントン!トントン!」と音を出すと、相撲取りたちが動きだすような仕組みになっていて、どれだけ大きな声をだせるのかで競えるといいます。トントンボイス相撲です。

プログミングカーの自由自在の動きをするおもちゃも発表されていました。

プログラミングカーにカードをかざすと、そのカードに示されていた動きをプログラミングカーが認識して、動き出すというのです。

もしかすると、未来の車は、カードをかざして利用するようになっているかもしれませんね。

こどもたちの心を掴み続ける日本のおもちゃですが、それらがこのようなイベントで紹介され、大々的に行われていると、こどもたちの夢も広がっていくでしょうね。

経済的にも効果があり、夢を売りながら、人々を楽しませていく良い仕事だと思います。

 

経済カテゴリの最新記事