天皇皇后両陛下が、福島に訪問

天皇皇后両陛下が、福島に訪問

 

福島に天皇皇后両陛下が、訪問されました。

福島原発による事故によって、二次被害である風評被害がひどいことに両陛下も懸念されていました。

1箱2500円だった桃が被災後は、500円でも売れなくなるという悲惨な風評被害が起こっているのです。

天皇皇后両陛下は、6回もの回数、福島を訪問されています。一回目は、事故二か月という時にすでに、訪問されていたのです。

放射能の安全性も確保されていない頃から、両陛下は、訪問されていたのですね。

 

両陛下が来てくれたことに、現地の方たちはとても喜んでいました。天皇陛下が、風評被害にあった果物をご覧になり、解決策の1つとして、「海外に出火することも考えてみては」という言葉に、感動されていました。

両陛下が来てくれるだけでも、感動で生きる糧になるということです。

天皇皇后両陛下は、市場などにも足を運ばれて、「浜のにぎわいがある市場になればいいですね」と優しく声をかけてくださったということです。

骨などがない果物などには、放射能汚染はなく、食べても問題はないとされています。ですから、人によってはおいしい食べ物が、安価で手に入ると考える人もいるかもしれません。福島原発事故という福島という名前が広まってしまったことで、風評被害がひどいですが、安全だと証明されているのなら、それらを時間とともに、回復していくことを望みます。

世界情勢、世界政治カテゴリの最新記事