大谷翔平 右ひじ靱帯損傷 故障者リスト入り

大谷翔平 右ひじ靱帯損傷 故障者リスト入り

アメリカメジャーリーグで、躍進を続けている大谷翔平選手が、故障者リストに入ってしまいました。右ひじ靱帯損傷による故障ということです。

大谷翔平選手といえば、二刀流で投手としても4勝し、打者としても3割に迫る成績で6本塁打を放っているアメリカでも人気のある選手ですが、ここで、故障になってしまうという悲劇が報じられました。

日本人選手の故障は、大谷翔平選手だけではなく、今までの多くの選手たちが挙げられています。有名なのは、松坂ですが、ダルビッシュ有もミ右上腕三頭筋炎症という故障に悩まされ、成績が芳しくありません。

まーくんこと田中選手も、ももうらの故障によって少し離脱していました。日本人による大型補強は、アメリカでも不評を買っていて、多額の移籍金を支払っている割には結果がでていないと言われているものです。

どうして、日本人投手たちは、怪我による故障が多いのでしょうか。

その1つとしては、ボールの質によるものだと言われています。アメリカベースボールで使われている公式ボールと、日本で使われているものは、質がまったく違うということです。日本のものよりもアメリカのボールは固く、変化などもかわってくることで、投手たちの腕に負担をかけている可能性があるということです。

成れていないところに負担をかけていることから、弱いところが故障してしまうということです。

また、投手に対する措置が的確なのかといった問題があります。

大型補強されたことや注目選手であるだけに、筋肉や骨などに異常がないのかトレーナーなどがチェックをするのですが、そのやり方が、故障を招いている可能性もあるのです。

日本でも、腰の故障によって接骨院にいったことで、逆に悪化して、ヘルニアになってしまったという声は多いのです。

腰を痛めたのなら、接骨院に行くなというものです。

下手に、骨などをこねくり回されて、それが原因で、故障してしまうのです。

それらのやり方が正しいと思われているのは、論理的なことではなく、信じ込まれているだけで、本当に正しいのかは分からないのです。

まさか、超一流の選手のトレーナーが原因になる措置をしていたというのは、考えられないと思うかもしれませんが、そういったことは数多くあるのです。専門家が問題だったというのは、現代医学でもよくある話なのです。

大谷翔平選手の右ひじ靱帯損傷も、念入りに考えてのことかもしれませんが、気を付けたほうがいいでしょう。下手に、トレーナーなどに大げさに扱わせると故障に繋がるかもしれませんから、注意してほしいですね。

スポーツカテゴリの最新記事