世界が注目 米朝首脳会談 戦争回避

世界が注目 米朝首脳会談 戦争回避

米朝首脳会談が実現しました。

これまで、アメリカは北朝鮮を悪の枢軸と語っては犬猿し続けてきましたが、トランプ大統領になってはじめて、アメリカ大統領と朝鮮労働党委員長が顔をあわせたのです。

世界中がこのことを注目しています。北朝鮮とアメリカはいつ戦争が起こるのか解らないほどだったので、アメリカが北朝鮮に湾岸戦争の時のようにミサイルを撃ち込む可能性もあったのに、その両国の首脳が歩み寄ったからです。このことで、すぐに戦争が起こるというものは、無くなったのです。

その内容は、完全な非核化というものです。キム・ジョンウン委員長は、笑顔でトランプと握手をして、条約にもサインをしました。

アメリカ側は北朝鮮に対して援助していくことが予想されます。

日本としては、拉致問題についての解決ですが、トランプ大統領は、そのことにはあまり触れませんでした。ただ、人権のことについては、議論をしたということです。アメリカ側としては、非核化が一番の問題だったので、その非核化に懸念を抱かせてしまうような拉致問題は、話し合うことはありませんでした。

トランプ大統領は、キム・ジョンウン委員長に手を差し出して、背中をポンポンと触っては、信頼を得ようとするのですが、キム・ジョンウン委員長も負けずに、最後は、トランプ大統領の背中をポンと触って、対等の力関係を表します。

この首脳会談をみて、取材陣は、茶番だといったり、歴史的な出来事だといってりと、様々な意見が広がっています。

とはいえ、戦争にすぐに発展しなくなったことを考えれば、良いことだったとは考えられますね。

世界情勢、世界政治カテゴリの最新記事