サッカー日本代表×パラグアイ戦 勝敗

サッカー日本代表×パラグアイ戦 勝敗

ワールドカップ二日前の最後の日本代表の親善試合がパラグアイ代表と行われました。

その結果は、4-2と勝利しました。西野監督になってはじめての勝利です。これで3戦1勝2敗です。

今回のスタートメンバーは、前回までの選手たちではなく、総入れ替えして行われました。練習量が少ないのに、4-2で勝てたことは、大きな戦果と言えるのではないでしょうか。

ですが、その内容は、まったくよくありませんでした。正直、パスワークやチームプレイの相性もよくなく、何度となく危険な場面をみせていました。パラグアイ代表もあまり強くありませんでしたが、それでも、危険な場面が多いのはワールドカップでは通用しないでしょう。

ですが、このメンバーは、練習が少ないメンバーですから、これだけ出来たら御の字です。

正直、試合内容は、乾選手の個人技だけで勝利したような内容でした。日本選手には少ないドリブルからのチャンスを拾う、乾選手は、これからも使ってほしいと個人的には思います。

なんといっても、本田がいないとチーム全体のバランスがあれほど崩れるのかと思えるほどです。起点になり、安定感を与えるのは、はやり本田でしょう。

そんな日本代表の状態なのに、パラグアイのゴールを何度もおしいチャンスをもたらしていたので、決定力が無さすぎるのが痛いところです。小学生でもゴールできるほどの簡単な状況でも、大きく枠をはずしてしまう選手がいたりする始末です。

絶妙なパスをもらって、あとはパスするように、ちょっと触るだけで入るほどの状況なのに、外したのです。

乾選手は、その点、決定力をみせつけました。難しい状況でも、ゴールさせたからです。ちゃんと自分の得意な場所までドリブルして、ゴールを決めました。これは日ごろからの努力の結果です。偶然ではありません。

正直、ワールドカップトーナメント進出は難しいとは思いますが、日本人なので期待してしまいます。頑張ってほしいですね。

サッカーカテゴリの最新記事