信じられない快挙 メキシコ対ドイツ ワールドカップ2018

信じられない快挙 メキシコ対ドイツ ワールドカップ2018

前回優勝者のドイツが、メキシコに初戦で負けてしまいました。みんなが予想にしなかった出来事が起こり、大興奮です。

0-1でメキシコの勝利です。

ですが、その内容は、ただ勝ったという運ではなく、試合内容はメキシコが強かったからなのです。試合内容をみていきましょう。

 

優勝候補の一角であるドイツが、南米メキシコと戦います。

ドイツはいわなくても解かるように、圧倒的な組織システムで、ゴールを量産するチームです。前回大会でも優勝したチームで、ブラジルにも5-0で大勝して、ブラジル人たちを泣かしたほどです。

ドイツはスター選手ばかりで、機械的な正確さのプレイが安定した得点を生む1つの要因です。

そのドイツに南米のメキシコが挑みます。

メキシコもサッカーの強い国として名があがるほどですが、やはりドイツ優性だと思われます。ですが、ワールドカップでは何が起こるのか毎回分かりませんから、期待してみましょう。

 

試合内容

ドイツとメキシコの前半戦は、どのような立ち上がりになるのか楽しみでしたが、やはりドイツが華麗なプレイスタイルでメキシコに迫ります。ですが、メキシコは、そのドイツの攻撃を的確に守り、ボールを奪うと、ドイツ選手よりも早いスピードで、ものすごいカウンターでやりかえします。何度もドイツ選手は、メキシコの速いカウンターに追いつけず、抜けられてしまいます。

 

メキシコは足がはやく追いつけません。フェルナンデスなどの才能あふれる走りが効果を発揮します。

組織をぶった斬るようなメキシコのカウンター攻撃が、何度もドイツを脅かします。

ドイツももちろん攻撃するのですが、深く攻撃しようとするとそのボールを奪われたあとの速攻が早いために、思い切り攻撃にしかけにいくこともできません。ドイツの破壊力のあるはずの攻撃が、そのカウンターを恐れてしまうのか、うまく機能していません。

メキシコのパス回しや決定力は、正直にいうとあまりよくはありませんが、パスや決定力がなくても、あのカウンターがあるだけで脅威です。チャンスも数打てば当たるかもしれないからです。

メキシコの素晴らしいのは、守備力でもあります。ドイツの攻撃を防ぐことができるしつこく迫る守備力が、ドイツの動きを封じます。

 

メキシコは、最後の最後、あとちょっとだけ精度がよくなるだけで、大チャンスになるのですが、チャンスを作り出しても、ゴールにはつながりません。

ですが、前半32分、メキシコが念願のカウンター攻撃によるゴールを奪いました。ほとんどふたりだけで、カウンターをしかけて、そのままキーパー前まで迫り、遅れて追いかけてきたドイツ選手が来る前に、シュートを打ち、左四隅にゴールがきまりました。

会場は大興奮です。

まさか、あのドイツに優性のまま試合を続けて、先制点を取るとは思わなかったからです。

メキシコは、前半が終わるまで、そのまま優性に試合を運びました。ドイツは、4年前と考えるとなにかパススピードなどが遅い気がします。メキシコのスピードにもついていけていませんし、あまり良いチーム作りができていないのかもしれません。

ですが、ボール支配率はドイツが55%で、メキシコが45%です。

ですから、決してドイツが悪いというわけではなく、メキシコが強いのです。もしくは、ドイツのシステムにメキシコのそのシシテムが効果的だったのかです。

 

後半戦

後半も、ドイツがボール支配率を高めに持つのですが、その試合内容は、メキシコが握り続けています。

ドイツは中盤からなかなか前にいくことができません。

メキシコは後半でも、チャンスを作り出しています。ドイツはドイツで、組織ではなく、個人技で、おしいシーンが出るのですが、なかなか、入りません。

後半23分ほどになると、ドイツもあせりはじめ、そのあせりのために、メキシコにボールを取られ、カウンターを受けます。

またフェルナンデスです。

フェルナンデスを止めようとペナルティエリア内なのに、ドイツの守備陣は、彼を転ばしてしまいます。これはPKかと思われたのですが、審判は笛を吹きません。メキシコサポーターからブーイングが激しく飛び交います。

逆にメキシコが反則を取られ、ドイツボールになります。

 

ドイツの連携は続かず、個人技だけでシュートを打っては会場をどよめかします。ですが、粘り強いメキシコの守りは、それを阻止します。

 

32分、ドイツの攻めの時間が続き、メキシコはもう攻撃しなくなったと思いきや、また2・3人だけで、パスを縦にいれて、数秒で、ドイツ人のゴールにカウンターをしかけます。

ドイツは冷や汗ものだったでしょう。

あのドイツがプレイをさせてもらえません。メキシコはトラップも微妙なのに、どこまでもチャンスを作り出すのは、メキシコです。また、36分、メキシコのカウンターがチャンスになります。

これがメッシとかなら、もうドイツは5・6点獲られています。

メキシコは、ボールをとられたら、また起き上がって、ボールを取り返しにいきます。ディフェンスが素晴らしいです。

 

カウンターのお手本というメキシコの強さです。これが本当のカウンターでしょうか。レアルマドリード並みの速いカウンターが、ドイツを脅かします。これぞカウンターシステムかといったもので、これほどカウンターが成功する試合は、はじめてみます。

ドイツとの相性が悪すぎるのでしょうか。

メキシコがドイツに勝ったのは、1985年以来といいます。ワールドカップでは、はじめてのことになります。今回は、その瞬間がみえるのでしょうか。43分まで、0-1でメキシコです。

ドイツも後半ロスタイム3分にはいると猛攻撃がはいまります。無理やりにでもいれなければいけないという気迫で、メキシコゴールに迫ります。

そのままメキシコは守り抜き、なんとメキシコがドイツを破りました。ものすごい試合になりました。

あのドイツが初戦でいきなり試合で負けたのです。だれも予想していません。メキシコ選手も大喜びです。

0-1でメキシコの勝利で、勝ち点3をメキシコは手に入れました。

ドイツは、1982年スペイン大会以来の36年ぶりの初戦黒星スタートです。

サッカーカテゴリの最新記事