栄氏 監督解任 なぜ学園側は意見を反転させたのか

栄氏 監督解任 なぜ学園側は意見を反転させたのか

栄和人氏のパワハラ問題に進展がありました。その栄氏を前は、擁護していた発言を繰り返していた至学館大学の谷岡郁子学長は、反転して、彼を監督から解任することにしたと発表しました。

オリンピック4連覇を果たして、名誉勲章をもらった伊調馨選手も、そのパワハラを受けたひとりだったということで、前々から勇気を持って訴え続けていたのですが、学園側は、栄氏側を擁護するなど、少し追いやられてしまっていました。栄氏があまりにも堂々とした態度でテレビなどでも出ているため、本当にパワハラがあったのかと疑われていたのです。

ですが、栄氏の常識自体が、逸脱しており、パワハラをパワハラだと認識できないその行き過ぎた考え方が、この問題では浮かんでいるというわけです。

学園側は、まともで、調査した結果、栄氏に問題があると認識すると、次は栄氏に注意を促しました。ですが、会見後の行動も、反省がみられないことをみると、これはさらに問題だということで、監督の解任を決定したということです。

その裏には、日大のアメフト部のことがあったのではないでしょうか。

日大のような大学だと思われては、よくないと反転させた態度で栄氏を糾弾するようになったのです。

栄氏は、パワハラではなく、厳しい教育だと主張し、その考えをどうしても改めることができません。表では反省したと謝るのですが、心の奥ではパワハラになっているという理解ができないのです。

その地位に長く居座ったことで、それが彼の正義になってしまい、彼の認識では、本当にコミュニケーションの欠如になってしまっているのですね。

伊調馨選手たちは、コミュニケーションの欠如とかそういった生易しいものではないと主張して、その発言は、問題を歪曲させた逃げだとしています。犯罪者もそうですが、本当に心から正しいと思って犯罪を繰り返していたりするのです。違う考え方に立つということができないようになっているわけですね。彼にとっては教育の一環だと本気で思い込んでいるのです。

それに巻き込まれ、騙された学園側も被害者と言えなくもありません。

ですが、まともなのは、調査した結果、栄氏の考え方が異常だということを隠すのではなく、きちんと解決するという決断をして、監督を解任させたことです。問題自体が存在しないといって、誤魔化す組織は多くありますが、そうするのではなく、問題だったのでその問題の解決法を提示して、発表したことは、また勇気のいることだったことでしょう。

前とは違う意見を変えてしまうのは、違和感を覚えられてしまうという恐怖を克服し、正しい決断ができたということです。

日大問題は、伊調馨選手たちにとっても、公転につながったのかもしれませんね。

スポーツカテゴリの最新記事