強豪国コロンビアに劇的大勝利 日本サッカー代表

強豪国コロンビアに劇的大勝利 日本サッカー代表

日本の初戦がはじまりました。相手はあのサッカー強国コロンビアです。

コロンビアには、レアルマドリードやバイエルンで活躍しているハメス・ロドリゲスがいます。

あの強豪国コロンビアになんと日本は、2-1で劇的な大勝利をあげました。勝ち点3を取る奇跡をみせたのです。

彼は前回のワールドカップで結果を残し、その直後、大きなクラブに移籍しました。

正直、日本がトーナメント進出するのは難しいですが、やってみなければ分かりません。

あとは当たって砕けるだけです。

日本人としては、確率的には難しいと解っていても、その逆境から勝利を呼び寄せてほしいと願うばかりです。

同点でも、日本の勝利のようなものですから、同点で勝ち点1を取ってほしいところです。

 

試合内容

日本は前半2分、いきなりチャンスを大迫からでました。一度は防がれるのですが、それを後ろから二度目のシュートを打つと、コロンビア選手が故意からハンドでそれを防ぎました。

審判はいきなりレッドカードを出しました。明らかな故意によるハンドだからです。

そして、PKを蹴るのは、香川。決められるのか。

香川が落ち着いてPKを決めました。キーパーの逆を突きました。勝てるはずもないはずのコロンビアにいきなり日本が先制点を取ったのです。

1-0です。このままコロンビアに1-0で勝てれば、勝ち点3を手に入れることができるので、トーナメント進出することができるかもしれません。

コロンビアは、猛攻撃をしなければいけなくなるので、また隙が生まれてきます。日本が冷静に対応できれば、またチャンスが生まれるはずなのです。コロンビアは必ず1点は取らなくてはいけないからです。

ですが、コロンビアはレッドカードを取られひとり少ない10人になっているので、攻めることに躊躇しているようです。

 

日本はものすごく有利な状況で試合をはじめることができるようになりました。エースのロドリゲスもまだ、ベンチです。

 

日本は守備が強いわけではないので、不安もありますが、攻撃的な試合をすれば、それだけ相手もうかつには前にはこれません。

日本としては、同点でも勝利したようなものなので、ここで勝てれば、大金星です。

 

11分、日本選手は、この状況に逆に臆しているようですが、さすがインテルでやっていた長友です。横から素晴らしい縦パスを出して、攻撃的な試合を造り出します。

攻撃的ではないとコロンビアにバレてしまうとコロンビアが攻撃的になられてしまいます。

日本は、中盤でコロンビアからボールを奪い、数の優位性がありながら、攻撃できました。乾がおしいシュートをうつのですが、外れました。

会場は、ものすごい声援が飛び交います。ほとんどコロンビアサポーターです。

コロンビアは、右サイドから絶妙なロングパスを出すのですが、それを長友がひとりで防ぎます。

 

1つ1つのプレイに会場は騒ぎます。

 

日本もチャンスを造ろうと21分に、しかけます。長谷部が、いい動きで相手のボールを奪い、長友にパスを送るのですが合わず、外に出てしまいました。

ですが、アイディアなどもよく、いいプレイを日本選手は出来ていると思います。

 

23分、日本はコーナーキックを獲ます。

ショートコーナーでパスをしてかき乱そうとするのですが、日本への笛がなり、相手ボールになります。

 

コロンビアは、また絶妙なパスをゴール前にあげるのですが、また長友がひとりでそれを抑え、ボールをクリアーします。長友大活躍です。

日本選手はものすごく集中しています。

コロンビアは、険しい顔で、思い通りに試合が運ばないので、混乱気味のように思えます。

 

コロンビアは、サッカーのことだけで殺人が行われるほどの国なので、サポーターの声援が逆にプレッシャーになっている可能性もありますね。このような状態で負けてしまったら大顰蹙を喰らうことになるでしょう。

長谷部も落ち着いて、コロンビア選手の裏をかいたパスをして、そのボールがつながり、大迫に渡り、大迫はドリブルでひとり抜いた後シュートしますが、惜しいも外れました。良い攻撃でした。

日本にいいプレイが見える中、コロンビアは、たじたじしている一方です。

一度、コロンビアにレッドカードを出しているだけに、審判は、日本に対するコロンビアの反則をあまり取ろうとはしません。

かなり日本有利になっているのは、否めないからです。

 

37分、日本は悪くないプレイでファールを取られてしまい、エリア前のフリーキックのチャンスを与えてしまいます。

ここで、低いシュートが打たれ、決められてしまいます。川島がなぜか、後ろに飛んで、ボールを防いでしまったために、ギリギリボールは、ラインを割ってしまったのです。川島が手をあと少し前に出して、防げていたら、ノーゴールでした。壁の向こう側から蹴られるので、あそこまで反応できただけすごいんですけどね。

1-1の同点になってしまいました。

でも、まだ同点です。日本は同点になるだけでも儲けもの、負けて当たり前の試合で、同点に持っていけたらそれは日本の勝利です。

 

まだ、日本に有利なのは、コロンビアはひとり抜けていることです。これから追加点を取ることもできますし、ベンチにはまだ、本田もいます。本田を効果的に参加させれたら、追加点のチャンスもなくもありません。

 

後半戦

コロンビアのエース、ハメス・ロドリゲスは、膝を怪我しているということですから、この試合には出場しない可能性があります。

そう考えれば、まだまだ日本は解りません。

 

日本は立ち上がり、何かプレイが合いません。やはり即席のチームですから、本番ではこのようになってしまうのですね。

それでもハリルホジッチ監督とやるよりはよかったでしょう。

日本も、前半とは違って積極的な攻撃を増やしているように思えます。長友の素晴らしいサイドボールからの攻撃などを使っては、いい試合運びをしています。

大迫がいいプレイを連発しています。大迫の得意の相手選手を背中で押さえて、ボールを保持するスタイルを今回は、普通のパスでも行い、相手を背中で止めて、そのままターンして、キーパー直前までボールを運びシュートします。キーパーに止められますが、落ち着いたいいプレイでした。

後半11分、乾の得意の場所でパスをもらい枠内のシュートを打ちます。ですが、キーパーがセーブします。

乾もきちんと狭いスペースの中、打ち込めているのがすごいです。

いい雰囲気の時に、日本はフリーキックを獲ることができます。

ですが、13分、なんと試合にでないと思われていたエースロドリゲスが、登場しました。ものすごい歓声が場内に響き渡ります。せっかくいい雰囲気だったところに水をさされたのか、ゴールすることができませんでした。

ロドリゲスが入ったからか、選手たちも攻撃的になりはじめました。ですが、日本は落ち着いて、変わらない試合プレイを続けます。

日本の冷静さは、驚きです。

 

日本は、素晴らしい攻撃を続けます。コロンビアはロドリゲスが入っても防戦一方です。

 

本田が準備をはじめました。ここで本田が出たら、チャンスも必ず増えます。今でも、何度もコロンビアゴールに入りそうなのですから、本田が入れば確率があがります。

コロンビアがロドリゲスを出したのなら、こちらは本田です。

 

23分、香川に変わってやっと本田が登場です。本田はボールをキープすることができます。耐えて、リズムを作り出し、絶妙なパスからのチャンスと本田本人の決定力をみせてほしいです。

本田25分早々、ロングシュートを放ちます。防がれますが、試合の雰囲気を作ります。

やはり、本田がパスの中にはいると、すぐにチャンスが広がります。入ったと思いましたが、おしくもボールは左に流れます。

 

きたーーーーー!大迫が、後半の28分、フリーキックからのボールを大迫がヘディングであわせました。本田が入ったことでかなりムードが変わりました。

これで2-1です。

コロンビアは、攻撃的になりますが、それを日本はゆるさず、同じように攻撃的に、続けようとします。

32分、ロドリゲスにフリーでボールをもたれてしまい、決定的なチャンスを与えてしまいますが、なんとか防ぎました。そこから何度も攻撃されますが、日本は守りぬきました。

柴咲が倒れているのに審判は止めません。その後、柴咲が交代することがわかると、審判は申し訳なさそうにしますが、あそこで入っていたらどうしたんだと思うばかりです。

柴咲は交代しました。

最後の日本の交代は、岡崎です。岡崎と大迫が交代することになりました。ですが、大迫はこの試合とてもいいプレイをみせました。1つ1つが素晴らしいプレイでした。いつもこれぐらいのプレイをすればいいのにと思いますが、本番に強い男なのでしょうね。

ですが、本田はさすがです。狭いスペースの中でのパスまわしで、緊張感のあるここで、パスをスルーして惑わします。

コロンビアも後半43分になって、最後の攻めを繰り出します。ですが、日本は守り抜きます。

日本は、守るだけではなく、攻めもするので、コロンビアとしてはやりにくいでしょう。

 

柴咲の時に無視をしたのに、ロスタイムは5分と長いものです。

ロスタイムに攻撃をしかけるコロンビアですが、フォワードの乾も、守りにきて、日本は、ボールを維持します。

 

こういう時のロスタイムは、なぜか長く感じてしまいます。ですが、ロスタイムももう終わりです。

日本は、あのコロンビアに大勝利を収めました!!

勝ち点3です。これでトーナメント進出も希望が出てきました。

サッカーカテゴリの最新記事