ウルグアイ対サウジアラビア 怒涛のスワレス

ウルグアイ対サウジアラビア 怒涛のスワレス

試合結果

ウルグアイが、サウジアラビアに1-0で勝利しました。

チーム状況

グループAのウルグアイとサウジアラビア第二回戦です。

前回は、ウルグアイは、ロシアを苦しめたエジプトとの一戦を終えました。エジプトの強さは、2試合から解るように、早くてカウンターもできるチームでしたが、そのエジプトに1-0でウルグアイは勝利しています。

〇ウルグアイ対エジプト

ですから、ウルグアイは、グループAでは、勝ち点3を取っています。ですが、ロシアが5点でサウジアラビアから得点を取っているので、ロシアが1位。そして、ウルグアイが続いて2位になっています。

エジプトとサウジアラビアは、ともに、勝ち点0の状態で3位と4位というわけです。

〇ロシア対サウジアラビア

 

グループAのウルグアイは2位。そして、エジプトは3位というふたつのチームが当たります。

サウジアラビアはロシアから5点獲られて、5-0だから弱いと思いきやそうではありません。サウジアラビアは弱いチームだとは思いませんでした。日本以上のパスワークとチームワークを持っていたのに、そのチームに5点をとったロシアが異常に強すぎたのです。

ですから、今回、ウルグアイが勝つとも言えません。

ウルグアイには、カルヴァーニとスワレスがいるので、確かに優勢ですが、ワールドカップは何が起こるのかは解りません。サウジアラビアよりもFIFAランクが低かったロシアがあれだけ強かったのですから、サウジアラビアは、FIFAランク70位ですが、試合で勝利しているのは、違っている可能性はります。

どのような試合になるでしょうか。

 

試合内容

サウジアラビアは、ロシアに負けているので勝ち点0です。ですからサウジアラビアから攻撃的に動いていく展開になっています。

ウルグアイは、守りが手薄になったところを落ち着いて決めに行けばいいわけです。

攻撃的にいくサウジアラビアか、隙をつくウルグアイか、どちらが勝利するでしょうか。

 

サウジアラビアも得点されてはいけないと慎重に試合を運びながらも、攻撃をしていきます。

カヴァーニとスワレスが、パスを送りあい、チャンスを生み出しますが、コーナーになります。スワレスが、23分、コーナーから左足でゴールを決めました。

素晴らしいボールがスワレスの足元に来たので、スワレスは軽く押し込むように、確実にシュートを放って、ゴールを決めました。

1-0です。

サウジアラビアはこれで2点入れなければいけなくなりました。

サウジアラビアも失点もできず、攻撃もしなければいけない状態なので、難しいですが、いくつかはチャンスを生み出しているので、後半は、どうなるかはわかりません。

ウルグアイは、はやりカヴァーニとスワレスのふたりの存在が大きいですね。

1-0のまま前半は終了です。

 

後半戦

後半は、ウルグアイの攻撃主体ではじまりました。ウルグアイは守ればいいのですが、さらに追加点を狙っているようです。

カヴァーニからのパスやアシストが、とてもよく、チャンスをよく作り出します。カバーニとスワレスのホットラインは、危険を醸し出します。

サウジアラビアは、なかなか攻撃に転じることができません。防戦一方だと同点にすることも、逆転することも時間とともに出来なくなってきます。

後半もそのまま、ウルグアイの1点でおわりました。

サウジアラビアは後半は特に攻撃できずに終わってしまったのです。

1-0でウルグアイの勝利です。これで勝ち点6です。

サッカーカテゴリの最新記事