ドイツ対スウェーデン 大逆転の勝利

ドイツ対スウェーデン 大逆転の勝利

試合結果

ドイツが、スウェーデンに大逆転で勝利。2-1です。

チーム状況

前回王者ドイツは、強すぎる実力で前回アルゼンチンを決勝で倒し優勝しましたが、その片鱗さえ見せることのできない試合内容で終始メキシコに圧倒されて1-0で負けてしまいました。勝ち点0のまま3位で、追い込まれているドイツです。

〇ドイツ対メキシコ

一方スウェーデンは、韓国に1-0で勝利して勝ち点3ある状態ですが、ここでドイツに勝つか、引き分けないとトーナメント進出をドイツにさらわれるという結果になり兼ねません。引き分けは勝利したようなものですが、負けは許されません。

〇スウェーデン対韓国

 

試合内容

後がない、ドイツは、追い込まれた状態で、スウェーデンと戦わなければいけません。

ですから、ドイツは、攻撃的に、試合を運びますが、スウェーデンの守りは堅くなかなかこじ開けることができません。

惜しいチャンスなどがありながらも、どうしてもゴールになりません。

前半、32分スウェーデンのトイポネンがループシュートを放って、そのボールがゴールにはいりました。これで、1-0でスウェーデンがリードです。

さらにドイツは追い込まれました。これで負ければ2連敗で、トーナメント敗退になってしまいます。勝ち点1すら取れずに、前回大会王者が、終わってしまうのでしょうか。

スウェーデンは、守りが主体ですが、その裏には、相当な研究がされているということです。ドイツの弱点やどのように試合運びをすれば効果的なのか考え尽くされているのですね。

44分、またスウェーデンのカウンターのチャンスが出ます。

ですが、これはゴールには至りませんでした。

 

どれだけ研究されても、以前のドイツの速さと攻撃力なら、研究した側が反応できなければ意味がないのですが、今大会では効果的だったのかもしれません。

今回のドイツは、キレというか、アイディアなども欠如しているようで、強さをあまり感じません。

前半最後の最後、フリーキックからのヘディングシュートをスウェーデンが放ちますが、これはドイツのゴールキーパーが見事な横跳びで、弾きます。

前半戦終了の笛がなり、1-0でスウェーデンがリードしています。

このままドイツは終わってしまうのでしょうか。

 

後半戦

後半は、とても静かにはじまりました。ゆっくりとドイツがパスをまわしはじめます。

ですが、開始3分、サイドからの突然エリアないのパスを斜めにいれて、シュートを放ちゴールを決めました。ドイツが目覚めたのでしょうか。

ドルトムント所属の11番ロイスが、見事ゴールしました。

これで1-1になりました。

ドイツは前線の数を増やして、決定力を高めようという作戦なのでしょうか。

その後も、ドイツのおしいチャンスが続きます。

スウェーデンも突然カウンターで、早い攻撃を繰り出すので、油断はできません。

 

ドイツがコーナーキックなどで狙うのですが、スウェーデンの守りは堅く高さもあります。

引き分けでもいいスウェーデンですが、守りすぎても、ドイツがこわがらないので、もっと攻撃回数を増やしてもいい気もするのですが、亀のように守りを続けます。

後半36分、ボアテングが後ろからのスライディングによって2枚目のイエローカードがでて、退場です。

 

これでドイツはひとり少ない10人での試合になります。

サイド攻撃からのゴメスの強烈なヘディングを放つのですが、ゴールキーパーがまたも好セーブ。

 

ドイツ、入りません。時間がもう無くなります。

ロスタイムは5分です。

ドイツ、決定的なすごいシュートが、ポストに当たってしまいます。このまま引き分けは痛すぎます。

きたーーーー!最後の最後。エリア間近で、フリーキックからのシュートです。ものすごいシュートです。

ドイツサポーターも諦めていた中でのこのシュートです。ラストプレイで、最後のキックでクロースが決めてしまいました。驚きです。

ドイツはひとり少ない中、最後のロスタイムで、2-1で大逆転勝利になりました。

やはり王者は最後まで何をするのか解りませんでした。これでドイツはやっと勝ち点3を取り、スウェーデンに並びました。メキシコは勝ち点6で追いつけませんが、スウェーデンにはこのまま追い抜けるかもしれません。

サッカーカテゴリの最新記事