韓国対メキシコ 執念のゴール

韓国対メキシコ 執念のゴール

試合結果

メキシコが韓国に2-1で勝利しました。

チーム状況

前回王者ドイツを終始圧倒して1-0で勝利してしまったメキシコは、勝ち点3の状況です。

〇ドイツ対メキシコ

韓国は、スウェーデンとの試合で1-0で負けてしまっています。勝ち点0で追い込まれています。韓国は、この試合で前回王者を倒したメキシコを倒さなければいけません。

〇スウェーデン対韓国

グループFは、メキシコとスウェーデンが、共に1位で勝ち点3です。そして、韓国とドイツが、共に勝ち点0で、3位となります。ドイツも必死で次からの試合は行動してくるので、韓国は本当に追い込まれているとも言えます。まずはメキシコに勝てるかどうかです。ドイツとしては、メキシコの1敗がほしいところですね。この試合は、韓国だけではなく、ドイツの進退も関わってくるのです。

試合内容

韓国は4-4-2という堅いポジショニングではじめました。ドイツを倒したメキシコに韓国はどう戦うのでしょうか。

韓国が勝利したり、引き分ければ、ドイツとしては、嬉しいことになります。

 

メキシコのロシアの人気は高く4位の売り上げがあるということです。声援も大きいです。

韓国は、メキシコ選手に後ろから反則をしかけます。韓国は、メキシコから睨まれます。韓国はこういったところが賢くないのです。

メキシコもやり返しはじめます。コーナーキックの時には、あからさまに韓国選手は押して、審判から注意されます。

 

ドイツのこともあるので、韓国を応援しようと思ったのですが、こういうところをみると、どうしてもメキシコを応援したくなってしまいます。

韓国は、前半21分、チャンスを作り出し、2・3度シュートを打つことができたのですが、どれも壁にクリアされてしまいます。そのまま打っても、阻まれてしまうのは当たり前です。興奮して考えられなかったのでしょうか。

23分、メキシコの猛攻撃の時間帯で、韓国エリア内で、チャンヒョンスが、ハンドしてしまいました。

メキシコは、2試合連続PKになります。

 

PKを蹴るのは、11番ベラです。

冷静に逆をついて、ベラがゴールしました。メキシコが1-0で先制点をあげます。

その後も、メキシコの猛攻は続きます。メキシコを怒らせた報いでしょうか。チャンスはメキシコ側ばかりに流れてきます。

このままでは、韓国は負けてしまいます。

韓国が敗退するのはいいのですが、メキシコにすでに負けているドイツの敗退も濃厚になってきてしまうのが、心残りになってしまいます。

韓国の反則をしてでも勝とうとする精神は、日本人とは真逆で嫌ですが、引き分けぐらいになってほしいところです。

 

ですが、メキシコはやはり、強いです。前線までのボールまわしが、スムーズです。

前半は、1-0でメキシコが、優勢で終わりました。

 

後半戦

韓国が、後半20分、ボールを持つと大ブーイングが起こる中、メキシコのカウンターからのゴールが決まりました。エルナンデスが追加点です。

韓国へダメ押しの追加点です。

これで2-0です。

ソンフンミンが、後半のロスタイムに1点を取り返しています。韓国やっと1点目です。

ソンフンミンのシュートはとても早い世界レベルのいいシュートでした。

ですが、ロスタイムもおわり、メキシコが2-1で勝利を収めました。

メキシコは、勝ち点6でトーナメント進出でしょう。そして、韓国は勝ち点0です。スウェーデンが、勝ち点3を取っています。ドイツは勝ち点0ですが、スウェーデンとの戦いで勝利すれば、まだ分かりません。ドイツは、スウェーデンに必ず勝利して、その後、スウェーデンが、メキシコに同点または、引き分ければ、ドイツのトーナメント進出の可能性も出てきます。

サッカーカテゴリの最新記事