日本対セネガル 大接戦 引き分け

日本対セネガル 大接戦 引き分け

クリックすると新しいウィンドウで開きます

試合結果

日本とセネガルのトーナメント進出をかけた戦いは2-2の引き分けになりました。

チーム状況

グループHの日本は、前回大金星を果たしました。あのコロンビアを2-1で破ったのです。これで日本は勝ち点3になりました。今回のセネガルに勝てれば、トーナメント進出に王手をかけます。

〇日本対コロンビア

セネガルもまた、大金星をあげました。セネガルはポーランドに2-1で勝利して、セネガルは、勝ち点も得失点差でも日本と並んで1位です。グループHは予想をまったく外した内容、コロンビアとポーランドがともに勝ち点0という訳のわからない状態になりました。

〇ポーランド対セネガル

日本としては、もちろんセネガルに勝利して、勝ち点6にしたいところですが、セネガルの攻撃力はすごいです。エースのサディオ・マネと同格のケイタバルデ、そして、守備とセットアップのクリバリの3人です。スピードのない日本が彼らを止められるのか心配は尽きません。予想は、1-1のドローや0-0のドローといったことらしいですが、ポーランドを倒したセネガルに、本当に勝てるのかと思えてしまいます。日本のコロンビアでの勝利は、運がよかったとも言えます。前半開始1分でPKをもらってレッドカードによって人数的にも有利だったからです。ですから、ハンデのない本当の試合は、セネガル戦だとも言えます。

セネガルなどは身体能力が高いのは解っていますが、ポーランドを降したセネガルの強さは、意外の組織力でした。身体能力プラス組織力も強化してきたセネガルに日本が勝てるのかどうかです。

〇セネガルの強さ

ポーランドとコロンビア戦では、できればコロンビアに勝利してほしいのが日本の立場です。日本はコロンビアに勝利しているので、ポーランドに勝たれてしまうと、ポーランドと日本が競ることになってしまうからです。

これでトーナメント進出がきまる緊張感のある試合がはじまりますが、やってくれるでしょうか。前回は、負けて当たり前みたいなところからのスタートだったので余裕のあるプレイが日本選手はできていましたが、今回は日本中に期待が広がっているだけに、プレッシャーも出てくるでしょう。気楽な気分で楽しんでプレイして、心の余裕を保ってほしいものです。

 

試合内容

トーナメント進出を決定する試合がはじまりました。

果たして、どうなるのでしょうか。

日本は、一度後ろにボールを回しますが、セネガルは、早い動きでプレッシャーをかけます。

 

早くもセネガルがチャンスを獲ますが、それを日本は、なんとかクリアーしました。

サイドからセネガルが攻め上ろうとしますが、それを長友がしっかりと止めます。

 

やはり、攻撃的に試合の流れを掴んだのは、セネガルのほうでした。日本は4年前の悪夢があるので、少し怖がりぎみです。

日本も、サイドから攻撃をしかけようとしますが、グリバリによって阻止されます。

 

セネガルが優位に試合を運んでいます。日本はなかなか攻撃にまわれません。

 

ですが、圧倒的に押されているわけでもないので、まだ分かりません。日本が恐れず、攻撃的にプレッシャーをかけられれば、内容も落ち着くはずです。

香川が乾との連携で攻撃的なシーンを造り出します。

日本は思ったよりも冷静です。余裕のあるプレイもみせながら、じわじわと日本の流れにしようとします。

 

日本は、セネガル選手をパスで誘導します。

 

前半11分、セネガルの攻撃がエリア内で続き、日本のクリアミスから最後にマネが押し込みました。川島のミスというよりもその前の原口のヘディングのクリアが中途半端だったのがいけません。

日本らしい失点です。

1-0です。

ですが、日本はあわてません。まだ前半11分ですから、あわてることではありません。

先ほどのプレイを続ければいいのです。

 

前半15分、日本の本格的な攻撃が出ました。パスワークで相手のエリア内でかき乱し、いくつものチャンスを作り、一回の攻撃の中に、2・3度のシュートを放ちます。セネガルも青い顔になります。

日本の流れがきています。

優勢に試合を進めているのは、日本です。最初と違ってボール支配率も上がっています。

危険なところは、笛を鳴らされても止めるように動く日本。賢い柴咲などが上手にセネガル選手を倒します。

 

キターーーーーー!

長友が崩して、乾の決定力が炸裂しました。最高の形です。

1-1です。

乾さすがです。自分の得意な場所からの正確なシュートがセネガルゴールに突き刺さりました。

しかも、試合の流れは日本です。全体的に有利なのは、日本だと思いたいです。

 

それにしても、長友は、大活躍です。守りも攻撃もすごい。

 

日本は集中しています。攻撃も守りも日本が上を行っています。

長谷部もちょっとしたプレイでも抜け目なく、全力で臨みます。さすがリーダーです。

 

セネガルも隙をみては攻撃をしかけます。日本のミスや空いているところに、駆け出して、チャンスを作りだします。

川島が好セーブで守り抜きます。よく守りました。

 

吉田はディフェンダーなのに、前線に攻撃的なロングパスを出します。前向きな意思が感じられます。

42分、セネガルのコーナーキックになりますが、これを日本は、大きくクリアーします。

 

日本は少し反則気味でセネガル選手を止めているのですが、審判は日本に好印象を持っているのか、ゆるめの判定をしてくれます。

前半戦は、1-1で同点です。

マネによってゴールされましたが、それでも乾によってゴールが生まれたことは良かったです。思ったよりも日本が戦えていることに嬉しく思います。もしかしたら、いけるかもしれません。逆転勝利かもです。

 

後半戦

後半、セネガルも攻撃的に来てプレッシャーをかけるかと思いきや意外とボールをまわして、落ち着いた試合をはじめます。

逆に日本が意表を突かれたようにされてしまいます。

 

後半2分、セネガルのコーナーキックになります。

ですがそれを日本は簡単にクリアーさせます。組織的には、やはり日本に分があります。

日本もまた、長友からの崩しで、ロングパスが流れチャンスになりますが、そのヘディングの威力はありません。キーパーに取られてしまいます。

 

後半5分、また原口のミスから危機になりかけますが、それを逆にカウンターのようになって、日本のチャンスになりかけます。

 

マネがボールを持つと、吉田がマネを倒して止めます。吉田は冷静な判断で危機管理を怠りません。経験値があります。

 

その後、セネガルの攻撃が続き冷や冷やさせられます。なかなかハッキリしたクリアーができていませんでした。

 

セネガルの肘がはいり、長谷部の出血が止まりません。その後もセネガルの肘が当たり、次はイエローカードが出されます。

セネガルもイライラしはじめているのでしょう。

 

後半15分、決定的なチャンスを日本が得ますが、あと大迫が数センチ足りませんでした。あとは触るだけで入るほどのチャンスでしたが、そのままスルーになりました。入ったと思っただけに残念です。

確実に利き足で合わせようとしたのかもしれませんが、それが逆に間に合いませんでした。

 

18分にも香川のおしいチャンスがあるのですが、香川は空いていた乾に気づかずに、反対方向にパスして、終わります。

その後、次は乾が絶妙なパスをもらってシュートを放ちます。

乾の正確なシュートがいつもの軌道で飛ぶのですが、それがおしくも少しだけ上でポストにあたります。惜しかったです。

ですが、さすが乾だと思わされました。

 

また、日本の時間帯になっています。こういった時のスピードのあるカウンターには注意したいです。

 

セネガルがスピードにのって、サイドから走りかけます。それを乾が無理やりファールして止めました。イエローカードをもらいました。

ですが、これはしょうがないファールだったでしょう。止めなければ、そのあと乱れたポジンションでゴールされていたかもしれません。

 

フリーキックをセネガルは蹴るのですが、予想通り、すぐにクリアーされて終わりました。柴咲が冷静に反応しました。

 

後半28分、崩しからワゲが入れました。日本は追い込まれました。

セネガルが2点目をいれて、2-1になります。

 

ここで、本田が香川に変わって入りました。最初からいれていれば、もっと優位に運べたと思うのですが、やっと本田です。

 

そして、原口に代わって岡崎が入ります。これで攻撃的になります。

 

ここ何試合か、本田が入っていなかったので、本田の存在感が薄れています。ゲームメーカーの役目が薄れているのは、西野監督の采配のせいでしょう。本田は、使わないといけません。

 

きましたーーー!!

本田が、冷静にいれました。ここで入れたのはさすがです。2-2の同点にしました。素晴らしい。はじめから本田を使えよと思えますが、本田はやってくれました。

 

乾による素晴らしいアシストのボールが本田まで流れ、それを落ち着いて、ゴールした本田です。

やはり本田です。本田が持つとチャンスが生み出されます。また、本田からのパスがセネガルを怖がらせます。

後半残り15分です。

 

乾がドリブルで崩そうとしますが、奪われます。ですが、それを長友がフォローして奪い返します。長友はさすがですね。

 

乾もいいプレイを続けます。1ゴール1アシストの大活躍の乾です。

 

セネガルは体力が無くなりつつあります。ですが、体力や精神力なら日本はどの国にも負けません。これぐらいの運動量なら余裕でしょう。

これは日本のさらに流れがまわってきていると思われます。

 

あと残り5分とロスタイムです。

 

宇佐美が乾と交代して、また質の違うドリブラーとしてプレイします。

ここで攻撃を畳み込めば、入りそうですが、同点でもいいと考えもあることでしょう。

ロスタイムに入ります。

 

最後の最後、セネガルが攻撃をしかけますが、大迫が頭からクリアーをして、危険ですが、活躍します。

守備でも貢献です。

 

ここで長谷部にイエローカードです。あと10秒です。

そして、笛がなりました。2-2の引き分けです。よく頑張りました。わたしは日本が勝てるとは思っていませんでしたが、引き分けどころか、日本のほうが勝っていたと思います。良い試合でした。

これで、日本とセネガルは、勝ち点1ずつを分け合い、共に勝ち点4になります。

そして、この後すぐに、コロンビアとポーランドの試合が行われます。

コロンビアとポーランドは共に負けた同士なので、今は勝ち点0です。そして、その試合で勝っても勝ち点は3なので、日本のほうが有利です。

もし、コロンビアが、ポーランドに勝てれば、日本のトーナメント進出は濃厚になります。ですが、ポーランドが勝てば、日本はポーランドとトーナメント進出をかけて、戦わなければいけなくなります。

戦ったとしても、ポーランドに引き分けでも、日本がトーナメント進出になります。日本が勝ち点5になり、ポーランドが勝ち点4になるからです。

 

 

サッカーカテゴリの最新記事