日本対ポーランド 八百長試合か のんびり試合

日本対ポーランド 八百長試合か のんびり試合

試合結果

日本とポーランドの試合は、1-0でポーランドの勝利です。ですが、日本はコロンビアとともにトーナメント進出です。

チーム状況

グループHの日本は、初戦コロンビアに2-1で勝利して勝ち点3。次戦セネガルと2-2の引き分けして勝ち点1のトータル勝ち点4の得失点プラス1です。

〇日本対コロンビア

〇日本対セネガル

ポーランドは、初戦セネガルに2-1で負け勝ち点0。次戦コロンビアに3-0で負けて勝ち点0。トータル勝ち点0でトーナメント敗退は決定しています。

〇ポーランドチームの強さ

〇ポーランド対セネガル

〇ポーランド対コロンビア

 

グループHは

1位日本   勝ち点4 得失点プラス1

1位セネガル 勝ち点4 得失点プラス1

3位コロンビア勝ち点3 得失点プラス2

4位ポーランド勝ち点0 敗退

 

第三試合は、同時進行で試合が行われます。

日本×ポーランド

セネガル×コロンビア

日本とセネガルは、引き分け以上で、トーナメント進出が決定します。引き分けになると勝ち点プラス1の勝ち点5になるので、引き分けたコロンビアも勝ち点4にしかならないからです。

問題は、日本が負けて、セネガルも負けた時です。

そうなると、コロンビアが勝ち点6でトーナメント進出決定になるのですが、日本とセネガルは勝ち点4と得失点がプラス1同士なので、その試合で、いくつのゴールをいれられたのかで、勝敗が決まって来るのです。

得点をいれることも大切ですが、負けるにしても、どれだけ少ない点数で負けるのかも大切だということです。

2-1や1-0などの1点差で負けるのなら、まだいいのです。

ですが、セネガルも1点差で負けたのなら、次は総得点数で競うことになります。その総得点も日本とセネガルは同じなのです。そうなると、あとは減点方式でイエローカードなどがいくつもらっているのかで競いあいます。それでも、同じなら「くじ」ということになるということです。

日本が敗退決定したポーランドに勝利するか、引き分ければいいのです。そうすれば、自力でトーナメント進出決定です。

ポーランドは1度も勝利していませんし、エースのロベルト・レヴァンドフスキが1点もゴールしていません。レヴァンドフスキは、ブンデスリーガの得点王で10試合で16点という快挙をあげた選手なので、ワールドカップで1点もあげずに終われるはずもありません。

ポーランドは勝ちにいきますし、ゴールを狙ってくるでしょう。

そのポーランドに勝てるのかが、問題ですが、日本はヨーロッパ勢に対してはそれほど苦手意識はありません。むしろセネガルのほうが身体能力が高くて対応できないだけに難しい試合でした。今回は、どうなるのか分かりませんが、引き分け以上でトーナメント突破してほしいです。

日本が負けても、セネガルがコロンビアに勝利すれば、日本は勝ち点4.コロンビアは勝ち点3のままになるので、日本もトーナメント進出できます。

試合内容

試合の立ち上がりは、ポーランドのボールを日本がカットして、チャンスになりました。まるでコロンビア戦のようなシーンでした。

それは日本が前線からプレッシャーをかけて、ボールを奪いに行っているからです。

日本がボールを奪いに来るので、ポーランドはなかなか思うような流れを造り出せません。

 

ボールこそ、ポーランドが持っていますが、日本が試合の流れを持っている気がします。

 

前半4分、ポーランドが人数をかけて攻撃をしかけ日本は慌てて守りに行きなんとかクリアーしました。

 

ポーランドも日本もゆっくりとした試合を続けています。日本は時間を費やそうとしているようです。

ですが、チャンスがあれば、攻撃をしかけます。

ポーランドは、日本に勝とうとは思っていないかもしれません。日本にトーナメント進出させたいと思ってくれていたりするのかもしれません。

12分、日本がチャンスを立て続けに作ります。シュートも打ちましたが、それはキーパーに防がれます。

 

武藤が岡崎にパスをしていたら、ゴールしていたかもしれません。裏をかいてパスをせずに、自分でシュートをしようとしたのかもしれません。

 

ポーランドが数で攻撃をしかけ、シュートを打ってきますが、それを川島が横跳びで好セーブを見せます。

思ったよりも日本は冷静な試合を進めています。

もっとバタバタしてプレイしてしまうと思っていましたが、入りからよい緊張感を持って冷静にボールを処理していました。

ポーランドももっと攻撃的に来ると思っていましたが、そうでもありませんでした。

あまり勝とうとは思っていないのかもしれません。

攻撃こそしてきますが、熱意のようなものがないように思えます。

もうトーナメント敗退が決まっているので、わざわざ乱そうとは思っていないのかもしれませんね。

 

日本は、攻撃もしますが、カウンターなどをちゃんと警戒して、バランスよく試合を進められています。

前半戦は0-0でした。

 

後半戦

岡崎が足のケガのために大迫と交代しました。

3枚のうちの1枚を最初に使ったのは日本でした。

日本は、あまり情熱的な態度はみせません。そういう試合をするとポーランドが目覚めてしまいどうなるのか読めない試合になるからでしょう。

なるべく穏便に試合を進めたいという雰囲気で時間は流れます。

後半13分、日本は攻撃を続けます。そして、槙野がオーバーヘッドキックを放ちますが、外れてしまいました。

ですが、その後すぐポラーンドからのフリーキックのセットプレイで、ポーランドが先制点をいれます。

これで、1-0です。

このままだとセネガルが負けてしまえば、トーナメント敗退してしまうかもしれません。

この後、日本は攻撃的にありましたが、なぜか落ち着いています。

 

裏で話し合いがされているかのような落ち着き方で、日本はゆっくりとパスをまわします。

槙野がイエローカードをもらってしまいました。これでまた不利になります。減点方式ではカードの数で勝敗をわけるからです。

 

コロンビアが1点をいれたということです。

これで、セネガルと日本が境地に追い込まれました。まずいことです。

 

一番最悪な状況に追い込まれました日本とセネガルです。

日本もポーランドに1点をいれられ1-0でリードされているので、セネガルと日本がどちらかが敗退になってしまいます。

一番まずい状況です。

29分、レバンドフスキのチャンスがありました。2点目をいれられそうでした。

 

日本はなぜかゆっくりパスをまわします。この場面であせらないはおかしいです。

 

山口も笑ってプレイしています。

なぜか、ここで交代するのは長谷部です。最後の交代選手がなぜ長谷部なのかわかりません。

意味が分かりません。

このあと日本がゴールをいれて引き分けになるという筋書きがされているかのようです。

 

真剣に危機を持って動いているのは乾だけです。

セネガルもコロンビアにこのまま負ければ、日本は判定でトーナメント進出するということです。

 

1-0で、日本は、ポーランドに負けました。ですが、セネガルもコロンビアに負けて、日本はコロンビアとともにトーナメント進出しました。

まるで八百長のような試合が終わりました。

本気で戦っていたセネガル選手が可哀想に思えます。(と思ったのですが、このセネガルも八百長の1チームかもしれない疑惑があがっていました。セネガル5番が、明らかにゴールポストのところでくつろいでいたというのです。ポスト隅を守ろうとしていたのなら、ゴールされた後の態度が慌てるはずですが、まったく慌てる様子がないことから、確信犯かもしれません。)

 

「難しい試合だった」と発言しながら、難しくなかったような顔でインタビューをする選手

彼に言わせれば、「これが勝負の世界」らしいです。

最後、パス回しをして時間を稼ぐ選択は普通の選択枠の1つですが、中盤で1点をいれられても笑ったりしながら、あせらないのは、おかしなことばかりです。これが勝負の世界なのでしょう。

柴咲は、正しい人間なのでしょう。納得できないような顔で試合後、取材を受けます。

興をそがれたような柴咲の想いは、わたしも同感です。負けてもいいから進出できなくてもいいから、八百長のような試合をしないでほしかったです。

負けても真剣だったらそれでいいんですけどね。

サッカーカテゴリの最新記事