ブラジル対メキシコ 安定した強さ

ブラジル対メキシコ 安定した強さ

試合結果

ブラジルとメキシコの決勝トーナメントでの試合は、2-0でブラジルの勝利です。堅いメキシコの守りをブラジルが打ち崩しました。

チーム状況

ブラジルは、グループEで、スイスに1-1の引き分け、コスタリカに2-0で勝利し、三戦目セルビアに2-0でまた勝利して、勝ち点7でトーナメント進出しました。

〇ブラジル対スイス

〇ブラジル対コスタリカ

〇ブラジル対セルビア

メキシコは、グループFで、ドイツに1-0で勝利し、韓国にも2-1で勝利、三戦目はスウェーデンに3-0で負け、勝ち点6でトーナメント進出しています。

〇メキシコ対ドイツ

〇メキシコ対韓国

〇メキシコ対スウェーデン

 

ブラジルは言わずとしれた攻撃サッカーの強豪国です。ネイマール率いる名だたるメンバーでアルゼンチンなどを抑えて、1位でワールドカップ参加の権利を獲ました。対するメキシコは、ものすごい早いカウンター攻撃でドイツを降し、その後も韓国、守備の高いスウェーデンを降してきました。

守備からの速い攻撃をしてくるメキシコにブラジルはどのように戦ってくるのかが、注目されるところです。

試合内容

ブラジルは前線から、メキシコにプレッシャーをかけていくのですが、メキシコはまったく気にせずに、早い攻撃を繰り返します。

はじめにチャンスを作ったのは、メキシコでした。

メキシコの前に進んで行くスピードは、はやり速いです。

そして、ネイマールには厳しいマークをしていきます。

 

ブラジルよりも攻撃的に試合を進めています。

ですが、ブラジルも個人技をみせて、対応していきます。ボールを足元に止めたまま、ジッと5秒ほど止まるようなプレイもみせるなど、ブラジルらしさをみせます。

 

ネイマールがエリア内でふたりのディフゼンダーを抜いて、シュートまで放ちますが、これはクリアーされてしまいます。

ブラジルもメキシコも、どちらも負けていない前半戦でした。

後半戦

後半6分、ネイマールがゴールしました。

ブラジルのヒールパスから崩して、3人が飛び込んで、ネイマールの足がぎりぎり間に合ってゴールでした。

ネイマールは、今回意味のない行動ばかりして、どうなのかと思われることが多かったですが、この試合は、キレています。すべてのプレイがいい内容で、ゴールまでしてしまいました。

1-0です。

メキシコは、悪くないのでこのまま攻撃をしかけて勝ちにいくしかありません。

その速さは、決してブラジルにひけをとっていないです。

ブラジルの猛攻を素晴らしい守備で防ぎながら、攻撃も変わらず集中して出来ています。

 

後半25分、ネイマールが倒れていたところに、メキシコ選手が、わざとネイマールの足を踏みつけました。ネイマールは大げさに痛がりましたが、確かにメキシコ選手が、悪質にわざと足を踏んでいるので、こういうのはレッドカードでいいのではと思えます。

結局、カードは出されず、時間だけをネイマールは費やさせました。優しいネイマールだから痛がるだけで終わりましたが、他の選手ならキレられる行為です。

メキシコとブラジルは今までに色々あったのかもしれませんが、どうなのでしょう。日本と韓国のような何かあるのかもしれません。

後半43分、ブラジルがカウンターから、またゴールをいれられます。ネイマールのアシストからのゴールです。

2-0です。

ロスタイムは6分と長めです。

ブラジルは終始、安定した戦いを続けました。メキシコも素晴らしいプレイをみせたのですが、さすがはブラジルです。確実に2-0で勝利しまいた。

 

サッカーカテゴリの最新記事