スウェーデン対スイス 守備対決

スウェーデン対スイス 守備対決

試合結果

スウェーデンとスイスの試合は、1-0でスウェーデンの勝利です。

チーム状況

スウェーデンは、グループFで韓国に1-0で勝利し、ドイツに2-1で負け、メキシコに3-0で勝利して、勝ち点6で勝ち進んできました。

〇スウェーデン対韓国

〇スウェーデン対ドイツ

〇スウェーデン対メキシコ

スイスは、グループEで、ブラジルに1-1の引き分け、セルビアに2-1で勝利し、コスタリカに2-2の引き分けで、勝ち点5でトナメント進出してきました。

〇スイス対ブラジル

〇スイス対セルビア

〇スイス対コスタリカ

どちらも守備からのカウンター攻撃を得意としています。スウェーデンは、ドイツを降した速い速攻のメキシコに3-0と圧勝したほどのチームです。スイスはブラジルに引き分けるほどの守備力をみせています。どちらがどのように勝つのかは、なかなか予想できません。ただ、お互い守備主体なだけに、立ち上がりは、様子見ということになるのではないでしょうか。意外にもワールドカップでは、はじめて当たるカードということです。

試合内容

立ち上がりはスイスが攻撃的に試合を進めます。ですが、スウェーデンも守備を厚くするというよりは、普段よりもラインをあげて、攻撃でも守備でもないように構えます。

攻撃にうつるスピードはスイスのほうが今のところあるようです。

お互いに少しずつチャンスを作り出しますが、シュートは枠外という決定力不足で終わってしまいます。

0-0です。

後半戦

カウンターを武器にしているチームの不利なところは、低い位置から高い位置までを走るので、体力的に消耗するという点です。

ふたつとも相当な距離を走っているはずです。

後半になって、選手たちの疲労がみえはじめます。

22分、スウェーデンが、放ったシュートがスイスの守備の足に当たり、それがゴールしてしまいました。

これはもうしょうがありません。キーパーがこれに反応できるわけもありませんし、守備としてもクリアーできるのか解らない状態で足を引くわけにもいかないので、運がなかったとしか言えません。

これで1-0スウェーデンがリードです。

守りに徹していたスウェーデンが、1点を取ったことで、気力が戻ったのか、さらにスウェーデンの攻撃が続きます。

スウェーデンが、24年ぶりのベスト8をものにしました。

1-0で、スウェーデンの勝利です。

サッカーカテゴリの最新記事