ブラジル対ベルギー ベスト4を賭けた一戦

ブラジル対ベルギー ベスト4を賭けた一戦

試合結果

ブラジルとベルギーのベスト8同士の戦いは、2-1でベルギーの勝利になりました。

チーム状況

☆ブラジルは、グループEで、スイスに1の引き分け、コスタリカに2-0で勝利し、三戦目セルビアに2-0で勝利し、勝ち点7でトーナメント進出しました。早い速攻カウンターでドイツを倒して驚いたメキシコをトーナメントで2-0で崩しベスト8まで勝ち登って来ました。トーナメント戦からのネイアルはキレていて、どんなチャンスにも絡んでいくほどの活躍をみせてくれました。

〇ブラジル対スイス

〇ブラジル対コスタリカ

〇ブラジル対セルビア

〇ブラジル対メキシコ決勝トーナメント

☆ベルギーは、グループGでパナマに3-0、チュニジア5-2、イングランドには1-0で3戦いに勝利、勝ち点は満点の9でトーナメント進出しています。トーナメントでは、日本を3-2で大逆転で崩し、ベスト8に登って来ました。日本が勝つと思いました試合しましたが、底力をみせて、危機を乗り越えてスター選手ぞろいのベルギーです。

〇ベルギー対パナマ

〇ベルギー対チュニジア

〇ベルギー対グランド

〇ベルギー対日本決勝トーナメント

試練内容

 

試合の立ち上がりは、静かにはじまりました。

ですが、2分もすると激しさが増していきます。ブラジルと同様よりも、ベルギーのほうがプレッシャーをかけるている雰囲気です。

ブラジルは、日本と同じように、ベルギーの強さを引き出せないように、静かに試練を運ぼうとしたのかしなかったが、ブラジルの強さを考えれば、そうはならなかったということでしょう。

プレッシャーをかける、反則気味にプレイするのは、ベルギーで、ブラジルはそうだった面はみせません。

このブラジルの落ち着き具合からみると、ブラジルが優位なのかもしれません。

7分、ネイマールがコーナーキックを蹴るのですが、すごい正確なボールをここではないと思われた場所に放って、ヘディングをするのですが、それはポストにあってします。あまりにも素晴らしいボールすぎて、慌ててしまったのかもしれません。今回のネイアルもキレています。

 

グループステーションでは、ネイマーのプレイは、裏目裏目では、まるでピエロのような状態でしたが、トーナメントに入ってからは、無駄なプレイがなくなり、実のある行動ばかりに目覚め始めました。やるこんなこと、それがチャンネルになってしまいそうだ、ネイマルはキレています。

一方ベルギーですが、シュートこそ打ちますが、ボテボの威力ないものばかりで、威圧感は感じられません。

前半13分、コーナーックからのボールをブラジルの選手が、クリーアーミスで、肩に当ってして、それがオウンゴールになってしまった。ボールが流れた場所には、ひとりもベルギー選手がいなかったのに、ゴールになってしまったのは、運がなかったです。ブラジル選手ふたりで競り合ってしまったことが、ボールの軌道を見失ってしまった原因でしょう。

1-0でベルギーがリードしています。

時間はまだまだあるのですが、なぜかブラジルは、慌てたようになってしまいます。ブラジルはまったく負けていません。自らのミスで1点あげてしまっただけで、ブラジルの強さは、ベルギーの上にいっているように、今のところこみえます。

 

怒涛のブラジルの攻撃が続きます。

 

前半30分、ブラジルの攻撃からカード攻撃がベルギーがはじまった。起点となったはは、ルカクで、ボールを持ってルカクが、走り込みでカウンターのチャンスを作り出したですが、そのルカクはボールをすすと倒れてしまい、その後は、カウンター攻撃に参加できなくなった人で、限られた人数で、ベルギーが攻め込み、そのまま、ロングシュートを選んで打ち抜きと、素晴らしいスタイルがブラゴールに突き刺さりました。

2-0とベルギーが追加点をあげています。

ブラジルは落ち着いて自分のサッカーを続けてほしいです.2点目のベルギーの攻防は最高だったですが、それ以上にブラジルは大量の攻撃を続けているで、それを続けてば結果はついてくると思います。

ありがとう、ルカクの凄さは、攻撃一辺だけではなく、すばらしいアシストが可能です。その見かけとは違って、仲間を使用する頭脳的なプレイがチーム全体をレベルを上げさせています。

 

前半は、2-0とベルギーが勝ち越しています。

 

後半戦

ブラジルは、攻撃をするのですが、焦りからか、アイディアが薄いものばかりで、決定的なチャンスを作り出すことができません。ネイアルも果敢に、責めますが、裏目に出てしまいそうな結果になりますします。

 

落ち着いて楽しんでプレイをすれば、ブラジルは負けることはないと思いますが、サッカー大国としては楽しむこともゆうされないほどの力が後ろにあるのです。

とうとう、後半30分、ブラジルに点が入りました。積重ねねた実力とチャンスを持って、ヘディングからのゴールです。十分、時間があります、1点をいけたことで、かな冷静になり、流れにさわらにブラジルに傾くと思えます。

ブラジルの怒涛の攻撃も1点だけにとどまり、ロスタイムにも入ることがありませんでした。ネイマールも素晴らしいシュートを放つのですが、それもキーパーによってセーブされてしまいます。

そのまま2-1で、ベルギーの勝利で、ベスト4に入っているのは、ベルギーです。

サッカーカテゴリの最新記事