2018年8月

  • 2018.08.21

2018年ATP1000 ジョコビッチ対フェデラー

マスターズ1000.決勝戦は、ジョコビッチとロジャーフェデラーです。 この二人の因縁の戦いは、いうまでもないでしょう。   今までにこんな選手はいたのか?と思わせるほどの成績を残しているロジャーフェデラーに対して、ジョコビッチは、無敵ともいえるプレイスタイルで賞を総なめにしてきました。   あのフェデラーにさえも対戦戦績が上のジョコビッチは、本当に無敵なのかと思わされました。 しかし、ジョコビッチの心の支えにもなっていたというトレーナーが亡くなってしまったことやケガなどがたたってしまい。あらゆるトーナメントの決勝から遠ざかってしまっていました。   そのジョコビッチがまた復活し、強敵たちを打倒して、またフェデラーの前に決勝で立ったのです。   トータル対戦成績は、ジョコビッチのほうが上ですが、安定した強さを続けてきたフェデラーに分があるかのように思えます。   果たして、決勝は、どちらが勝つのでしょうか。   試合結果 3セットで試合が決まる中 1セット目6:4 2セット目6:4 3セット目無効 で、ジョコビッチの勝利です。 試合内容 以前のジョコビッチは、どこにボールを打っても、すべて返してくるという恐ろしいフットワークを持っていました。その迫力は、フェデラーたちをも恐怖させていたと思われます。 ですが、あの時の迫力のあるプレイではなく、じわじわと経験から試合をものにしていくスタイルで、フェデラーにも迫りよります。   1セット目は、3:3とお互いにポイントを積み重ねていきます。   最初にサービスを取ったのは、ジョコビッチでした。4:3とリードします。   ジョコビッチのどこがすごいのか分からないようなプレイが続くのですが、フェデラーにも通用すると感じたのか、ジョコビッチの気迫も、じわじわと増していきます。   5:3とリードを広げたジョコビッチは、調子よくプレイしはじめたのか、不思議な打ち返しでフェデラーを驚かせます。   ファーストセットは、6:4でジョコビッチが取り切りました。 その内容は、フェデラーのほうが良いように思えますが、守りも攻めもバランスのよいジョコビッチが、勝利をものにするのでしょうか。   2セット目は、フェデラーの猛攻がはじまります。 調子がよくなってきたジョコビッチ相手にも、さらに厳しい攻撃を繰り返しながら、サービスを最初に取ったのは、フェデラーです。 2:0です。 ジョコビッチのダブルフォルトで決まってしまいました。 このまま、フェデラーは、ジョコビッチを押さえつけたいところでしょう。   ですが、ジョコビッチの凄いのは、1セット目とまったくボールの質が違うところです。2セット目からのジョコビッチのボールは、早くてとても鋭いのです。   フェデラーが素晴らしいボールを打てば、ジョコビッチが返すという熱戦になりはじめます。 ジョコビッチのプレイスタイルは、1セット目とまったく違います。   そして、フェデラーがすぐにブレイクを取ったかと思うと、ジョコビッチがまたブレイクを取り返しました。 途中、サーブを打つ時間25秒を過ぎて、ジョコビッチが審判から警告を受けることで、場内がざわつく場面も出てきます。   ジョコビッチはスイッチが入っているようで、積極的に、審判に抗議をして、会場が盛り上がります。   ジョコビッチは人が変わったかのように、厳しところにボールを集めます。さすがのフェデラーも無理な返しのため、ネットにかけてしまいます。   いつも紳士的なフェデラーが珍しく吠えます。   今回のジョコビッチは、まるで錦織圭のような作戦のようです。1セット目をわざとぬるいプレイをみせて、相手を油断させ、2セット目から、急激に強くなる、それが超一流のジョコビッチがやるので、フェデラーといえども、押し返すことが用意ではありません。   フェデラーは、そんな相手、錦織圭などにも、その強さを最後までキープして勝ち切るのですが、今回は、珍しく乱されています。 これは取れないだろ!というフェデラーのボールさえも、ジョコビッチが返してくるので、焦ったフェデラーがネットにかけてしまうというわけです。   ジョコビッチが強いので、フェデラーを応援したくなってきました。   走りまくるジョコビッチ、どんなボールも返そうとしてくるジョコビッチは本当に強いです。   フェデラーは、サーブを大きく外して、自分の失敗を笑ってしまうほどです。   ジョコビッチがまたブレイクを取ります。   4:3です。   フェデラーの素晴らしいショットをあんなにバランスを崩しても、返してくるジョコビッチが異常すぎます。 まるで軟体動物と戦っているかのようです。   あの冷静なフェデラーにミスが多いのもまた驚きです。 それほどジョコビッチの強さと狡猾さを味わっているということでしょう。   解説者も、ジョコビッチの強さは、ゾーンに入っているというほどです。   フェデラーはやはり素晴らしく、スーパーショットを立て続けにみせて、ポイントを獲ります。 スーパーショットのフェデラーか、それともすべてを返すジョコビッチか。   最後は、フェデラーのコート外のボールで決めました。 1セット目 6:4 2セット目 6;4 3セット目 無効   ジョコビッチの勝利です。