脅威のスズメバチ 巣を発見したらどこに連絡すればいいのか

脅威のスズメバチ 巣を発見したらどこに連絡すればいいのか

今年は、春先から暖かい年でした。そのような春に豊富な温かさがあると、虫なども活発に食べ物を増やし、増殖するといいます。そして、ハチもまた増えてしまうというわけです。ミツバチ程度は、それほど驚異的ではありませんが、スズメバチは、危険すぎるほど、危険な生き物です。さされては、いのちにかかわることもあるほどです。

一度刺された人は、アナフィラキシーショックを受けて、倒れてしまえば危険です。

そのようなスズメバチを倒す人たちは、どこに連絡すれば、いいのでしょうか。

スズメバチの巣を発見したら、区役所に連絡をしましょう。そうすれば、区役所からもよりのスズメバチハンターへと連絡がいき、遠くから彼らはやってきてくれるのです。

今年の巣はとても大きく、そして、格闘しなければいけません。少しだけ捕まえただけでも数百匹ものスズメバチが捕まりました。

スズメバチは、木の中にも巣を作って、その数を増やしていくので、素人では森の中のスズメバチを発見することは難しいかもしれません。

 

スズメバチハンターは、一匹のスズメバチをエサでおびきよせて、そのスズメバチに白い紙をつけた目印で、巣を発見するのです。

スズメバチハンターでも、体は完全防備です。

 

その他にもキイロスズメバチという種類のハチがいます。これは、オオスズメバチよりも小さいのですが、実は狂暴で、オオスズメバチを倒すほど攻撃的なハチなのです。

今年は、洪水などがあったらしくオオスズメバチが少なくなり、かわりにキイロスズメバチの数が増えているということです。

 

そして、家の軒に10kgもの大きなキイロスズメバチの巣を発見しました。

 

その巣から出てきたキイロスズメバチは、なんと・・・2000匹もいたのです。

 

2000匹を超える大量のキイロスズメバチを、ハンターが、捕まえ、確保しました。

 

捕まえても捕まえても、まったく減らないというほどの数のスズメバチをきちんと捕獲して、仕事をやり終えてくれたということです。

ハンターが来る前は、どうやって暮らしていたのだろうと思えるほどです。

 

家の家族もさされて、大きな痕を残されていました。とても危険な状態だったようですね。

 

このようなスズメバチハンターは、区役所に連絡すれば、来てもらえるということなので、町の区役所に連絡してください。

生活・イベントカテゴリの最新記事