オセロ世界一の天才福地啓介くんは、どのように育ったのか

オセロ世界一の天才福地啓介くんは、どのように育ったのか

第42回オセロ世界選手権で、11歳の小学生の福地啓介くんが、優勝して、世界一になってしまいました。

この驚異的な出来事に世界も驚いています。

世界一になった福地啓介くんは、どのようにして、こんなにも強くなったのでしょうか。

福地啓介くんのお母さん福地陽子さんは、啓介くんに幼稚園の年長さんの時に、頭を使うようなゲームがないかと思いオセロをあげたといいます。そのオセロに福地啓介くんは興味を示し、本などをみて、オセロの棋譜を覚えて強くなったといいます。

対戦相手は、パソコンのオセロソフトで、何度も強いパソコンソフトと対戦して、あらゆる棋譜を自分でも編み出して記憶していったということです。驚異的な数学的頭脳です。

この福地啓介くんと一般人が戦えば、すべて福地啓介くんの色にさせてしまえるほど強いといいます。

オセロをしたことがある人は、そのシンプルさから考えて、すべて色を変えてしまうほどの強さなど出来るのか?と思えてしまいますが、それができるほど強いというわけです。

日本でも大会にでている選手からしても、信じられないぐらい強いと言われているほどらしいです。

 

福地啓介くんから出た言葉は「楽しんでゲームをすることです」とハッキリとした口調で強さの秘訣を語っていました。見た目はどこからみても小学生ですが、まるで大人がこどもの中に入っているかのような発言力からも、福地啓介くん頭の良さがみえますね。

好きだったから自分の意欲で成長していったということですね。

娯楽カテゴリの最新記事