キノコ狩りの危険性

キノコ狩りの危険性

今年は、季節的に、キノコの豊作の年だということで、多くの人たちが、山などに入ってキノコ狩りをしているといいます。

ですが、だからこそ、危険もましていて、長野県では、14人もの人たちが、山で遭難して、亡くなってしまっているのす。

去年は、3人だったことを考えたら、どれほどの人が山に入ったのかが分かりますね。

 

例年の2・3倍の人たちが、山に入ったと言われています。

遭難事故もそうですが、キノコといえば、毒なども心配です。そこそこの知識でキノコ狩りをしたとしても、その半分は、食べてはいけないキノコだったりするので、とても危険です。

 

きちんと専門家にみてもらってからではないと食べるのは危険ですね。

 

今年はお年寄りが自分でとったキノコで亡くなってしまいました。ひとりだけでしたが、そういうこともあります。

きのこは、とてもおいしく山で取れてしまうので、取りに行きたいと思ってしまいますが、食べる際は、専門家にみてもらいましょう。

生活・イベントカテゴリの最新記事