アメリカ 高速道路に飛行機が着陸

アメリカ 高速道路に飛行機が着陸

アメリカの高速道路に突然、小型飛行機が空から現れました。

 

車の距離は、日本と変わらないほどしかないのに、その間をぬって飛行機が着陸したのです。

この小型飛行機は、訓練用の飛行機で見習い飛行士を乗せていたのですが、飛行機の調子が悪くなり、緊急着陸しなければいけなくなったといいます。そして、一番緊急着陸できる場所といえば、高速道路しかなかったので、ここを選んだということですが、これほど狭い場所に着陸させるのは、さすが教官だといえますね。

 

ただ、飛行機が飛んでいる間に不具合が出てしまう恐怖を考えると生きた心地はしなかったことでしょう。

高速道路を走っていた車の運転手も突然空から飛行機が降りてきたら驚きを隠せなかったことでしょう。

このタイミングでしっかり映像に残しているのがまたすごい偶然ですね。

このことはアメリカでもニュースになって騒がれているということですが、さすがはアメリカです。

日本と違ってアメリカ大陸は拾いので、個人で飛行機を持っているような人も多いといいます。

 

近未来では、空を飛ぶことも多くなり、このような光景は当たり前になってくるのでしょうか。

事件・事故カテゴリの最新記事