ドラフト会議 根尾昂を会得したのは、何球団か

ドラフト会議 根尾昂を会得したのは、何球団か

日本の野球ドラフト会議が行われました。

注目されていた3人のうちひとり、根尾昂(ねおあきら)選手が、4球団から指名されて争われました。

根尾昂選手は、18歳で、右投げ、左打席の二刀流の持ち主です。

 

投げてよし、打ってよしの選手で、甲子園春夏の連覇を仲間とともに果たしました。

その根尾昂選手は中日に選ばれました。

高校は大阪ですが、地元は岐阜で、小学生の頃は、中日系の野球クラブに入っていたということですが、今回は、地元ともいえる、中日に入ることができたためか、顔が若干喜んでいました。

ドラフトで根尾昂選手を獲とくできたのは、中日でした。

 

世界NO1の呼び声が高い根尾昂選手を手に入れて、中日もまた安定した強さを発揮していってくれるのでしょうか。

巨人の原監督も指名していましたが、今回は、中日に取られてしまいましたね。

 

あらたな日本のスターになってほしいですね。

 

注目を浴びすぎてそれがプレッシャーにならないようにしてほしいです。

 

最後に気になったのは、監督たちが、ボックスから取った指名紙をすぐに隣の女性が受け取って、違う紙を渡していましたが、あれは何なのでしょうか。

もしかして、選んでいるのは監督ではなく、あの女性たちで、はじめからどこに行くのか決まっているというオチもありそうですね。

スポーツカテゴリの最新記事