2018年11月

  • 2018.11.08

パリマスターズ2018年 決勝 カレン・ハチャノフ対ノバク・ジョコビッチ

テニスパリマスターズの決勝戦で、復活したノバク・ジョコビッチ31歳と戦うのは、カレン・ハチャノフ22歳です。 パリのベルシーでの試合です。 ジョコビッチは、復活をとげてから安定した強さをまた見せてくれるようになりました。一時期は、なかなか成績が振るわなかったので、ジョコビッチ最強伝説は終わりを告げたのかと思いましたが、相手のすべてのボールを取ってしまうジョコビッチの強さが、また戻って来たのです。   何を打っても、返して、長いラリーに持っていかれてしまうジョコビッチの強さにカレン・ハチャノフがどう戦っていくのかが注目です。   試合結果 2セット連続先取で、カレン・ハチャノフが優勝しました。 第1セット 7-5 ハチャノフ 第2セット 6-4 ハチャノフ 試合内容   どちらも、サービスエースからポイントを取るのですが、ハチャノフは、ジョコビッチとの戦いで緊張しているようで、何とか追いついているというプレイです。ですが、ボールのスピードやパワーは、ハチャノフは強烈で、試合に慣れてくると分からない試合になるでしょう。   ハチャノフは、ジョコビッチを後ろに前にと上手く動かすのですが、普通では取れるはずもないボールまでジョコビッチは取り切ってしまうので、ラリーでは、ジョコビッチ有利です。 ハチャノフは、気を高ぶらせ、それとは正反対に、ジョコビッチは平然とした雰囲気で試合を運びます。   最初にブレイクを取ったのはジョコビッチです。ハチャノフも、落ち着いたプレイなどをみせるのですが、それでもブレイクを取られてしまいました。   198cmというハチャノフの長身から打ち出されるサーブは強烈ですが、それだけではなくジョコビッチの意表を突くプレイにも対応できるのは、さすが決勝戦まであがってきた強敵です。ブレイクをすぐに取り返しました。   ジョコビッチからするとハチャノフの動きが読み切れない相手なのか、いつもの調子でボールを取り切れなくなりはじめました。ですが、ハチャノフのミスが目立ち、何とかサービスをキープ出来ている状態で、互角の戦いを続けています。   ハチャノフはミスも目立ちますが、いいプレイをしているのは、ハチャノフで、ジョコビッチはいつものキレがまだ炸裂していません。 2つ目のブレイクを取ったのは、なんとハチャノフでした。 そして、そのまま1セット目を取り切りました。 第1セット 7-5 ハチャノフ     第2セットでも、ハチャノフのプレイはよくなる一方です。 最初にブレイクを第4ゲームで取ったのは、ハチャノフです。   第2セットからは、ジョコビッチも少しずつ調子を取り戻しはじめますが、前日の疲れがあるのか、バテテしまっています。   6-4で連続セットをハチャノフが取りました。   ジョコビッチも万全ではなかったようですが、ハチャノフのプレイは素晴らしくいいプレイをみせてくれました。22歳の新しい世代として台頭していってほしいですね。  

  • 2018.11.01

ハロウィン 犯罪多発

悪魔を祝う祭り、ハロウィンで今年も犯罪が多発しました。 ハロウィンの1週間前には、軽トラが横転されてしまうような暴徒化してしまい、若者たちが暴れました。 お酒を飲んで、痴漢などが多発し、逮捕者も13人も出ました。   13人出たということは、どれだけの犯罪者がいるのかということです。 窃盗もいくつも出てきました。   さすがは、悪魔の祭りです。   悪魔を追い払うといいながら、自分たちが悪魔の恰好をしているのですから、意味不明です。 日本には、このような祭りは合いません。やめてほしいものですが、一度はじめてしまうと東京では、広がってしまいストレス発散として、参加者が増えてしまうのですね。   経済効果もあると言われていますが、どうなのでしょうか。   東京以外の場所では、ハロウィンはまったく行われていません。そのおかげで、拉致などの被害も他国と違ってないのでいいですが、このハロウィンが日本中に広がってしまえば、さらに犯罪が多発してしまうでしょう。   ただ楽しんでいるだけと考えているかもしれませんが、何度もいいますが、これは悪魔の祭りです。反キリスト教のものとして、昔から存在しているものですから、危険なのを理解してほしいものですね。

  • 2018.11.01

北朝鮮の漁船が日本に侵入

北朝鮮の漁船が、日本の排他的経済水域をぬけて、沢山の漁船が、入り込んでしまっています。今年は例年よりもその数が多いということで、その漁船の何艘かは、壊れて、日本に流れてきてしまっています。 特に漁船は、イカを狙って来ているようで、今年はイカ不足なのに、またイカを朝鮮の漁船がとってしまうので、日本の漁師さんたちも困っているということです。 右側が、日本で、左側が、日本以外の海域になります。右側の黄色が日本の漁船で、左側が朝鮮などの漁船になります。 その数は、圧倒的に朝鮮側が多く、海がみえないほどになってしまっているので、漁船が少ない日本側で、争わずに漁ができると入り込んでしまうのかもしれません。 日本の海上保安庁は、水攻めなどをして、日本側に北朝鮮の船が入らないようにしていますが、あれだけの数がいれば、それもできないでしょう。   また、本当に北朝鮮なのかも分かりません。船には北朝鮮の国旗がわざとらしく貼られているので、もしかしたら、中国船ということも考えられます。   北朝鮮や韓国船だとしても、数が多すぎます。   それぞれの国の事情があるので、何とも言えませんが、国の領域には入らないようにしてほしいものですね。 北朝鮮も食料不足ということがあるかもしれませんので、気の毒にも思えなくもありません。レーダーなどにうつっているように、排他的経済水域をほとんどの船は超えないように漁をしています。多くはルールを守っているようですが、どうしても入ろうとする船も出てしまうのですね。

  • 2018.11.01

なぜベネチアは浸水してしまうのか

イタリアのベネチアが今年も浸水してしまいました。 世界一美しい広場といわれているサンマルコ広場は、このようにひざ下まで水がつかってしまっているのです。 ベネチア市内の75%もの場所が浸水してしまうほど、ベネチアの街は水だらけです。原因は、満潮や気圧などがあげられていますが、なぜベネチアはこんな状態に毎年なってしまっているのでしょうか。 もともとベネチアは、人工の島なのです。イタリアの海に囲まれた国のさらに海に存在しているベネチアですが、水の浸水が高くなるとこのように浸水してしまうのですね。 地盤が固くないことで、ベネチアの土地には、木の杭をうって土地を固定しているのですが、それでも柔らかいのは変わらないので、25cmも100年間で下がっているとさえ言われています。 この浸水と土地の沈下を防ぐために、「モーセプロジェクト」という企画が昔から存在しています。 海に巨大な堤防を築いて、水位をあげないようにという計画ですが、7300億円もかかりながら、その効果は疑問視されています。 予算オーバーや市民たちの汚職が計画を遅らせているといいますが、逆にこんなことをすると、生態系を変えてしまうのではないでしょうか。違う問題になりそうです。   海全体を塞ぐことなどできないのですから、水位もかわらないと思うのですが、どうなのでしょう