北朝鮮の漁船が日本に侵入

北朝鮮の漁船が日本に侵入

北朝鮮の漁船が、日本の排他的経済水域をぬけて、沢山の漁船が、入り込んでしまっています。今年は例年よりもその数が多いということで、その漁船の何艘かは、壊れて、日本に流れてきてしまっています。

特に漁船は、イカを狙って来ているようで、今年はイカ不足なのに、またイカを朝鮮の漁船がとってしまうので、日本の漁師さんたちも困っているということです。

右側が、日本で、左側が、日本以外の海域になります。右側の黄色が日本の漁船で、左側が朝鮮などの漁船になります。

その数は、圧倒的に朝鮮側が多く、海がみえないほどになってしまっているので、漁船が少ない日本側で、争わずに漁ができると入り込んでしまうのかもしれません。

日本の海上保安庁は、水攻めなどをして、日本側に北朝鮮の船が入らないようにしていますが、あれだけの数がいれば、それもできないでしょう。

 

また、本当に北朝鮮なのかも分かりません。船には北朝鮮の国旗がわざとらしく貼られているので、もしかしたら、中国船ということも考えられます。

 

北朝鮮や韓国船だとしても、数が多すぎます。

 

それぞれの国の事情があるので、何とも言えませんが、国の領域には入らないようにしてほしいものですね。

北朝鮮も食料不足ということがあるかもしれませんので、気の毒にも思えなくもありません。レーダーなどにうつっているように、排他的経済水域をほとんどの船は超えないように漁をしています。多くはルールを守っているようですが、どうしても入ろうとする船も出てしまうのですね。

世界情勢、世界政治カテゴリの最新記事