パリマスターズ2018年 決勝 カレン・ハチャノフ対ノバク・ジョコビッチ

パリマスターズ2018年 決勝 カレン・ハチャノフ対ノバク・ジョコビッチ

テニスパリマスターズの決勝戦で、復活したノバク・ジョコビッチ31歳と戦うのは、カレン・ハチャノフ22歳です。

パリのベルシーでの試合です。

ジョコビッチは、復活をとげてから安定した強さをまた見せてくれるようになりました。一時期は、なかなか成績が振るわなかったので、ジョコビッチ最強伝説は終わりを告げたのかと思いましたが、相手のすべてのボールを取ってしまうジョコビッチの強さが、また戻って来たのです。

 

何を打っても、返して、長いラリーに持っていかれてしまうジョコビッチの強さにカレン・ハチャノフがどう戦っていくのかが注目です。

 

試合結果

2セット連続先取で、カレン・ハチャノフが優勝しました。

第1セット 7-5 ハチャノフ

第2セット 6-4 ハチャノフ

試合内容

 

どちらも、サービスエースからポイントを取るのですが、ハチャノフは、ジョコビッチとの戦いで緊張しているようで、何とか追いついているというプレイです。ですが、ボールのスピードやパワーは、ハチャノフは強烈で、試合に慣れてくると分からない試合になるでしょう。

 

ハチャノフは、ジョコビッチを後ろに前にと上手く動かすのですが、普通では取れるはずもないボールまでジョコビッチは取り切ってしまうので、ラリーでは、ジョコビッチ有利です。

ハチャノフは、気を高ぶらせ、それとは正反対に、ジョコビッチは平然とした雰囲気で試合を運びます。

 

最初にブレイクを取ったのはジョコビッチです。ハチャノフも、落ち着いたプレイなどをみせるのですが、それでもブレイクを取られてしまいました。

 

198cmというハチャノフの長身から打ち出されるサーブは強烈ですが、それだけではなくジョコビッチの意表を突くプレイにも対応できるのは、さすが決勝戦まであがってきた強敵です。ブレイクをすぐに取り返しました。

 

ジョコビッチからするとハチャノフの動きが読み切れない相手なのか、いつもの調子でボールを取り切れなくなりはじめました。ですが、ハチャノフのミスが目立ち、何とかサービスをキープ出来ている状態で、互角の戦いを続けています。

 

ハチャノフはミスも目立ちますが、いいプレイをしているのは、ハチャノフで、ジョコビッチはいつものキレがまだ炸裂していません。

2つ目のブレイクを取ったのは、なんとハチャノフでした。

そして、そのまま1セット目を取り切りました。

第1セット 7-5 ハチャノフ

 

 

第2セットでも、ハチャノフのプレイはよくなる一方です。

最初にブレイクを第4ゲームで取ったのは、ハチャノフです。

 

第2セットからは、ジョコビッチも少しずつ調子を取り戻しはじめますが、前日の疲れがあるのか、バテテしまっています。

 

6-4で連続セットをハチャノフが取りました。

 

ジョコビッチも万全ではなかったようですが、ハチャノフのプレイは素晴らしくいいプレイをみせてくれました。22歳の新しい世代として台頭していってほしいですね。

 

スポーツカテゴリの最新記事