2018年12月

  • 2018.12.23

鹿島アントラーズ×南米王者リバープレート  FIFAクラブワールドカップ3位決定戦

鹿島アントラーズが南米王者リバープレートとFIFAクラブワールドカップ3位決定戦で戦います。   鹿島アントラーズは、レアルマドリードに負けましたが、次は勝利につなげることができるでしょうか。   試合結果 4-0で、南米王者リバープレートが、アントラーズに勝利しました。 試合内容   鹿島アントラーズとリバープレートの戦いは、やはりリバープレートが積極的に攻撃を続けます。それを守備隊形でアントラーズが守ります。   試合開始8分で、アントラーズのゴールキーパーが、相手選手と接触して、交代するかという場面になるのですが、何とか立ちあがり、試合再開します。 ゴールキーパーの交代は、不利になるので、変わることなく続けられることは、それだけでも少し安心につながりました。   20分頃に入るとアントラーズからも積極的に攻撃をしかけようとしますが、中盤でボールをすぐにうばわれて、攻撃が続きません。   23分、アントラーズのキーパーがプレイが出来ないということで、交代してしまいます。その1分後、コーナーキックからのセットプレイで、リバープレートが、ヘディングで1点を奪いました。 1-0で、リバープレートがリードしています。   後半戦 前半は、リバープレートが攻撃的に試合を支配していましたが、後半戦からは、アントラーズも攻撃をしかけ、動きが激しく続きます。 アントラーズは1点獲られているので、それを取り返し、さらに得点しなければ、勝つことができないので、攻撃を続けるしかありません。   ですが、それはリスクでもあるので、相手に大量得点をゆるしてしまうことになる可能性もあります。   後半28分、交代したばかりのゴンサロマルチネスが、確実にゴールをいれて、リバープレートが、2点先取しました。 これで、2-0です。   アントラーズは追い込まれてしまいました。 42分、アントラーズのペナルティエリアでゴールキーパーが反則をとられて、PKになってしまいます。   それを落ち着いて左端に決められ3-0となりました。   後半戦からは攻撃的に動いただけに多くの得点となってしまいました。   後半ロスタイムに、またゴンサロマルチネスが、決めきりました。4-0になりました。